2017年09月19日

第170話  ちいさなおはなしたち

 まだ残暑が今週末まで続くそう。やっと涼しい風を感じ始めたかと思ったら、昨日は熱中症で倒れた人もいるくらいの暑さ。といいつつも、夜の散歩は秋の虫たちの声を聴きながらだし、長袖のTシャツを着ることも多くなりました。
IMG_0961.JPG
まるもくつしたはいてみました。

 さて、16日から18日の連休は、1日群馬に出かけたけれど、あとは本の整理をしました。前から少しずつしていたのですが、なかなか進まないので「えいっ」と決心して取り組みました。それは「月間保育絵本」の整理です。今まで書いた作品や連載・監修したページを含む保育絵本は、そのまま全部とってあります。それが、本棚のかなりのスペースを占めるようになったため、どうしたらいいかなと考えていたところ、アドバイスをもらいました。作家さんで保育絵本の仕事をたくさんされている方からです。自分が書いたページだけを切って、表紙といっしょにファイルしていくのがよいと。「なるほど」と思い、取りかかりました。
 
 まず、本棚から保育絵本をとりだしたところ、ざっと数えて300冊ほどありました。「ひえー」と悲鳴をのみこみ、1冊ずつ自分の書いたところを見つけてカッターで切り、表紙とセットでまとめていきました。連載ものや、監修ものはそれぞれまとめて、ファイル別にいれました。保育絵本は季節感をとても大事にしているので、季節の虫や食べ物、花などの写真記事も多くあります。ですから「これは今度(短大の)授業で使える」というものもあって、資料集めにもなりました。
 
 今まで書いた5見開き、6見開きのおはなしをみていくと、すっかり忘れているものも多く、わあ、すごい画家さんと組んでいたんだと驚くこともあり、なかなか楽しい作業でした。そして積み重なっていくちいさなおはなしをながめていたら、なんだか、じーん。コツコツとまあ、よくやってきたなあと自分をほめてあげたくなりました。このちいさなおはなしは、もう世の中に出ることはないだろうけど、私にとっては、市販本のおはなしも、保育絵本のおはなしも同じ自分の作品です。ウンウン苦しみながら書いたものばかりです。

 私を育ててくれたちいさなおはなしたち。月間保育絵本の仕事は、私の原点だなと思います。これからも、たくさんちいさなおはなしを作り続けていきたいなあ。 
posted by あさえ at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする