2020年09月27日

第234話 お彼岸に

暑さ寒さも彼岸まで、というけれど、本当に涼しくなりました。まるが7月5日に天国に行って初めてのお彼岸に、先代犬ナックが眠る慈恵院に、まるを納骨しました。ナックの時もそうでしたが、お寺の納骨堂にまず2年間預かっていただいてその後、動物供養塔にお引越しする予定です。ナックもまるも犬の友だちがほとんどいなかったので、たくさんの犬や猫たちが眠る供養塔の方が賑やかできっと嬉しいと思います。
IMG_3778.JPG
動物供養塔はいつもお花がいっぱい

お坊さんに本堂で読経していただきました。とても声の通る方で木魚もいい音がしました。まるの骨壷には孫たちが作ってくれた折り紙の犬と、よくわからないけれど、白い紙を細長く丸めてキュッキュッと絞ったお飾りをつけたままだったのですが、お坊さんが、「いいじゃないですかー」と痛く感動してくださって、「ぜひお孫さんといらしてくださいね」と3回ぐらいくりかえし言ってくださいました。まるへの子どもたちの思いを感じてくださったのでしょう。
IMG_3781.JPG
参列していた他のみなさん、どう思われたかな・・

まるは家族に愛されたたくさんの犬や猫たちと一緒に納骨堂にいます。その晩、自分の体の中から、何かが抜けたような感じがして、朝起きたら体が軽くなった感じがました。まるが自由になったのかも。私が引き止めていたのかもしれません。慈恵院はとても癒されるお寺です。よかったと思います。まる、また会いに行くからね。子どもたちとね。
IMG_3780.JPG
彼岸の時に咲く彼岸花。不思議な花です。慈恵院の入り口のお地蔵様。

posted by あさえ at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする