2012年02月27日

第81話 2月の屋形船

夏、赤いちょうちんをたくさんつけて川をただよう屋形船。いつか乗ってみたいと思っていたら、願いがかないました。
それもなぜかさむーい2月に。ちょうど満月の日ということで、屋形船からお月様をながめましょうということになったのです。船の中から空の月が見えるのかしらと思いつつ、赤いちょうちんにさそわれて、品川から船に乗りこみました。

2.JPG
赤ちょうちんとお月さま

お客様は、私たち5名だけ。40名ぐらいはのるんじゃないかというぐらいの大きさなのに、たしかに5名分のお食事しか用意されていない。カラオケセットがすみっこにおかれていて、なんかさみしい空気がただよっていました。でも、大丈夫。最高の二時間半でした!

屋形船がさかんに利用されたのは、江戸時代だそうです。水運が発達していた頃ですね。大名やお金持ちの商人たちが、花見や花火見物で、飲めや歌えやの大さわぎをしたのでしょう。私たちは、平成の2月、寒さにふるえながら船の屋根の上に出て、雲にかくれた満月に「出ろ、出て、お願い!」と念じました。そうしたら!♪でーたー、でーたー、月が〜♪もう感動ものでした。雲の上からぽこりとまんまるお月さまが顔を出したのですから。

1.JPG
突然、出てきたお月さま

一同、しみじみ月をながめ、満足して船内にもどりました。そしてお刺身、天ぷら、あさりご飯など山盛りのごちそうをいただきました。美しい東京タワーにうっとりしたり、隅田川にかかる一つひとつデザインがちがう橋を楽しんだり。正面にスカイツリーが見えたときは、びっくり。築地の魚市場を、川側から見たのも初めて。夜の8時ごろには大きなトラックがすでに到着していました。これから朝にかけて、魚が全国から集まるのでしょうね。
みなさんも、一度は屋形船に乗ってみてください。いつもとちがう町のすがた、人の暮らしを見ることができます。

3.jpg
やっぱり大すき、東京タワー。

私は東京生まれの東京育ち。船にのって、ますます東京がすきになりました。こどものころは、田舎がないことがつまらなかったけれど、‘三代江戸っ子’っていうのも、なかなかうれしいことだなって思いました。今度は夏にのりたいなー。お金をためなくちゃ。はぁー。

4.jpg
屋形船さん、ご苦労様。
posted by あさえ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする