2012年05月31日

  第84話    こんにちは。アイフォーン

きのう、電車に乗りました。午後2時ごろ。車内はすいていて、私の前の席に4人の人がすわっていました。そのうち、3人は携帯をいじっていました。ふと自分の両横を見てみたら、右1人、左2人のうち、左2人は携帯見てました。右の人は70歳ぐらいの男性で、ぐっすり寝てました。

なんか、異様な光景でした。頭部は下向きで固定。動くのは指先だけ。目もまばたきはあまりしていない感じ。なぜか皆さん、下くちびるがとびだしている。年齢は20代から40代で、男性と女性、半々ぐらい。
「電車の窓から外をみてごらんよ。緑がきれいよ。」って声をかけたくなりました。

 といいながらも、私も持ってます。この前、携帯からアイフォーンに変えました!でも使い方がわからなくて、電源を切っておくことが多いので持っている意味は、あまりない…。そもそも私が携帯を持ち始めたのは、「なにかあったときにすぐに連絡をとれると安心だから」という母の希望があったからです。メールも、留守電も、インターネットもなし。家族と親しい数人の人たちとしか電話はしません。おまけにときどき忘れて不携帯する始末。「持つなーっ」と怒られそう。
IMG_1264.JPG

まるちゃんとアイフォーン。大きさくらべ?


今、小学生の4人に1人、中学生は2人に1人、携帯をもっているそうです。(PTA全国組織の調査。2011年)ぶっそうな世の中だから、しかたないのかもしれませんけど。返信がなかなかこないと心配したり、家族で食事しているときに携帯がなったら、電話に出るような失礼な習慣がつかないようにと願うばかりです。

アイフォーンはさすがアップル社。透明ケースを買ってセットしたとたん「わあ、ステキ!」。裏のりんごマークが、ケースに描かれている木の枝にジャストミート!まるで実がなっているみたい。こういう遊び心は大すき。まだ電話もメールもうまくできないけれど、アイフォーンに遊ばれないように、つきあい方を覚えていきたいと思います。でも、電車の中ではよほどのことがないかぎり、やらないぞ。とかいっちゃって、わからないけど。


posted by あさえ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする