2013年02月20日

第92話 私が、盆栽!?

寒い寒い2月。毎日、キジバトとスズメたちのために水をいれた器を花台においておきます。それが、今年は本当によく凍る。朝見てみると、しっかりと氷がはっています。よほど冷えているのですね。小鳥たちはどうやって冷たい夜を過ごしているのでしょう。
氷.jpg
つめた〜い!ビニールじゃなくて、氷ですよ

さて、盆栽が我が家にやってきました。大宮の盆栽村で購入しました。青色とかわいい形の器がすぐに目に止まり、即購入。その器にあう木の種類を選ぶことにしました。お店の人から初心者には梅が世話しやすいとアドバイスをいただいたので、「月影」という名前の白梅に決めました。器と梅、あわせて5000円ちょっと。梅の根元には苔を植えてくれました。そして、赤ちゃんの爪の先ぐらいの梅が咲きました。なんて、すてき!
梅咲く.jpg
かわい〜い!

そんな「月影」に、とんでもない災難が…。うちの柴犬まるが、ひょいと後ろ足で立ったかと思いきや、前足をのばして机上の月影を床におっことしたのです!!
「こぉらぁらららららー」と絶叫して月影をすばやく救い出したのはよいのですが、苔ごと土がこぼれ美しい姿は、消滅。せめて枝が折れなくてよかった。張本人のまるは、しっぽを振って「遊んでくれるの?」とあくまで陽気。梅の花も終わり、哀れを誘うその姿〜。
枯れ盆栽.jpg
しょんぼり。苔も毛羽立っちゃってる・・

よく、漫画でおじいさんが大事にしている盆栽を野球のボールを当てて割ってしまうという場面がありますが、そのおじいさんの気持ちが、よーくわかりました。今度、買ったお店にもっていって診察してもらおうっと。盆栽はまるで纏足のようであまり好きではなかったけれど、育ててみればかわいいもの。「月影」がどんなふうに成長するか、ときどき報告させていただきますね。




posted by あさえ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする