2014年12月22日

運盛りだ!!

 きょうは、二十四節気の「冬至」です。今夜の月は新月。旧暦でいえば1日で、「朔旦冬至」といって昔の人たちはおめでたがったそうです。なぜおめでたいのかは、勉強不足でしっかり説明できなくてすいません。来年はもっと行事のこと、暦のことを学びたいと思います。「冬至」はクリスマスのかげに隠れてあまり祝われていないように思いますが、どうでしょうね。「冬至」は一年で一番昼が短く、その翌日からは昼の長さが少しずつ長くなることから、「太陽復活」の日として昔から祝われてきました。日本では、「たたみの目の長さ」だけ「米粒の長さ」だけ、日が長くなるといい、「一陽来復」の日と言われています。そしてカボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりします。銭湯では「ゆず湯」をするところも多くあるようです。スケールが大きいのでしょうね。
DSC00866.JPG
ゆず、食べられる?

 カボチャは夏野菜ですが、保存がきくので野菜が少なくなる冬に食べました。「南瓜(なんきん)」と呼ばれていたので、「ん」のつくものを冬至に食べると一年間病気をしないと言われています。他にも「こんにゃく」「きんかん」「だいこん」などいろいろあります。そして、「ん」のつくものをひと盛りにすると、そこに「運」がやってくるというおまじないもあるそうです。そこで、我が家でもこどもたちに、「ん」のつくものを一つもってきてとリクエストしておきました。そうしたら、まあ、「ドラエモン」「いるか?ちゃん」「フォルクスワーゲン」(ミニカー)……。いろいろ集まりました。「運」様は、あまりのバラバラ盛りにびっくりして逃げたかも。いえ、面白いと思って来てくれたかも。どちらかな。

DSC00864.JPG
運様、きて〜〜

 行事は、昔から脈々と伝えられてきたもので、地域や家族で形もちがうと思います。たぶんこれからも形は変わって祝われていくのだと思います。大切なのはどう祝うかではなく(形ももちろん、大事ですけれど)、祝おうという気持ちだと思います。願いと感謝。目には見えないけれど、おおきななにかに守られているような気持ちというか…。そんな大げさなものではないのですけれど、季節の移ろいの中で、豊作や健康や幸せを桜や星や月に願うことってすてきだなと思います。さて我が家の冬至の「運盛り」は、この先どうなっていくのでしょう。
 これから、家の掃除とお正月の支度が始まります。今年から息子たちの家族と同居が始まりました。3世帯同居。子どもたちの声が聞こえる暮らしもいいものだなと思います。来年も、家族や友人みんなが元気で幸せに暮らせますように。来年で14歳になる愛犬まるも、ずいぶん顔が白くなりましたが、長生きしてくれますように。
 みなさま、良い年をお迎えください。


 







     
posted by あさえ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

第110話 冬へ 冬へ

 風がひんやり感じられるようになりました。首にマフラーをまかないと、すーすーして風邪をひきそうです。きのうの午後、雑木林が残る公園に行きました。歩いていると、ときおり、ひゅーっと風がふいて桜やイチョウの葉を吹き飛ばします。イチョウのじゅうたんには銀杏もまじっていて、独特なにおいがわきあがっています。高齢の女性がスーパーの袋にいっぱい、銀杏をひろって嬉しそうでした。イチョウはオスの木とメスの木がないと実がなりません。見分け方が難しそうですが、一説によると、葉がおちたときに、枝ぶりをみるとわかるそうで、オスは枝が上のほうを向き、メスは横にはっているそうです。オスはバンザイを、メスはオイデオイデをしている。そんな感じかな。枝がおちたら見てみようと思います。
いちょうまる.jpg
いちょうの絨毯、空へとべー!

日曜日に地下鉄にのったら、お父さんと5歳ぐらいの男の子が座っていました。男の子の毛糸帽子のふちがぐるりと少しだけおりまげてあって、そこに大きなイチョウの葉が一枚さしてありました。とってもりっぱな黄金色のイチョウの葉です。それを見ただけで、いい親子だなあって感じました。イチョウの葉っぱは、男の子のお家までお供ですね。桜の葉も黄色、赤、オレンジと微妙な色合いでとてもきれいです。気に入った葉をひろって水気をふいて、厚い本に2週間ほどはさんでおいたらピンピンになりました。色は落ちついてそれなりにきれいです。なかでも一番きれいな葉を、本を借りた方にお礼の手紙にはさんで送りました。私は秋が一番すきな季節です。もうじきおしまい。また来年。
ツリー上からまる.jpg
クリスマスツリーの番犬


そして12月。クリスマスツリーを出しました。150センチのツリーは息子たちが生まれた年に買いました。ですから、もう35年。今年は息子の娘のももちゃんと飾りました。ぬいぐるみは、双子の息子たちが子どものころに買ってもらったものです。思いきって人形供養に出して少し減りました。一年に一度、ツリーの下に大集合します。私はクリスチャンではないのですが、クリスマスは家族で過ごす楽しい日という気持ちで迎えます。あと何年、このツリーを出せるかな。いつも、思います。ひな人形や兜、ツリーをしまうときに、これが最後かもしれないから丁寧にしまおうって。ぐしゃぐしゃにしまっておいたら、次にだす人に、「あさえさん、意外に雑」ってあきれられてしまいますから。と思ったところで、「意外じゃなくて、やっぱり雑」って言われるよと、夫の声が聞こえてきました。うーん、否定できない辛さ。ハッピー、クリスマス!


 


posted by あさえ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする