2015年08月08日

第118話 猛暑猛暑〜

 もう1週間も35度以上の猛暑日が続いています。熱中症で病院に運ばれる人の数も増えているし、気の毒なことに亡くなる方もいらっしゃるくらいの激しさです。夜、クーラーをつけっぱなしで寝たほうがいい、水分はこまめにとるように、日中はなるべく外にでない、などの注意は守っていますが、それでも時々頭痛がしたり、気持ち悪さを感じたりします。熱中症のせいかどうかはわかりませんが、体調はいまいち……。先日、編集者の人と話していて、「私がこどものころは、ときどき35度で、だいたい30度ぐらいだったと思います。クーラーもそんなに使った覚えがないです。」といってました。察するところ、25年ほど前の話かと思いつつ、自慢ではないけれど、私がこどものころは、クーラーないし、30度こえると暑いという感じだったような気がします。やっぱり、地球は熱くなってる・・。海水浴場にサメも来てるし。

 犬も人間と同様でぐったりしています。うちの柴犬まるちゃんは、14歳で高齢ですが、体ががっちりしていて大きく、散歩のときはスタスタ歩くので、若く見られます。でも、家ではずーっと寝ています。最近は、夜中に鳴いて夫をおこし、散歩をねだります。夫がぐずぐずしていると、部屋でおもらしをしてしまいます。以前はそんなことはありませんでした。まるも、水をたくさん飲むので、それでおしっこの回数が増えているのかもしれません。あるいは、年齢のせいかも。寝ているところに、起こされる夫もつらいですけど、家でおしっこをするようにしつけなかったことを後悔しています。ただ、夜はある程度涼しいので救いです。

 普通の散歩も、夜の8時ごろにいくようにしています。今ごろだと、セミが羽化しているところをみることができます。羽化する前の幼虫が木にむかって道を歩いているのを見つけると、つぶされるといけないので幹につかまらせてあげます。何匹も道で踏み潰されているのをみると、かわいそうで…。外に出てくるまでに7年と言われています。今小学二年生のかーくんが生まれたときから土の中にいて、やっと出てきたのですから、セミになってほしいなと思います。昨夜は暗闇の道になにかが動いていて、「なんだ?」と、夫が近づいてみると、「カブトムシだ!」。家の近くの遊歩道を、なんでカブトムシが歩いているのでしょう。びっくり、びっくり!もちろん、土のところに移動させました。人がけっこう行き交う遊歩道なのですが、みんな、気づきません。よかった。
DSC01179.JPG
みんな、セミになったかな。

私たちが、暑い暑いと暮らしている時間、小さな虫たちは、しっかりと自分の「生」を生きているのだなとしみじみ思います。まだまだ猛暑は続きます。夏を楽しみながら、元気に過ごしたいものですね。そのためには、まず、外にでましょうか……。ひぇー。
DSC01180.JPG
闇夜に輝いてるね。うまれたての命。



posted by あさえ at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする