2015年12月17日

第127話  満月のクリスマス

今年のクリスマス、25日は満月になるそうです。満月だからどう、ということはないのですが、冬空にくっきりとまるい月が浮かぶ景色は、美しいです。クリスマスのイルミネーションがまぶしいくらいですが、地上のライトを消して、夜空を見上げたいものです。

 ひなたぼっこばなしでも、何回か書いていますが、うちのクリスマスツリーは、今年で36年目を迎えます。双子の息子たちが誕生した年に買いました。シアーズというメーカーの通信販売で、1.5メートルほどの高さで、飾りも一緒に買いました。なにせ36年前の物なので、飾りがクラシック。今はもっと可愛いくておしゃれな飾りが多いのでしょうが、色もあせているし、年をとるはずのない人形のサンタが、さらにふけたような気がします。それでも、思い出が染みこんだツリーです。何人の人がこのツリーを囲み、その下にプレゼントを置いたことでしょう。今は、この時期だけ倉庫からお出ましするぬいぐるみたちが並んでいます。息子たちへ贈られたぬいぐるみたちです。今年は孫たちとツリーの飾り付けをしながら思いました。もうそろそろ、私がいなくなったあとのツリーの行き先を考えなければいけないなって。
リース.JPG
クリスマスリース。まんなかにサンタさん。なぜか半分だけ。

 リースは、友人が群馬に越した年に、近くの山からツルをとってきてリースにしたものを送ってくれました。私はそれを2つ重ねて、飾りをつけて作ります。もう30年ぐらい前から使っています。今年は先日友人のみかん山でみつけたカラスウリもまきつけてみました。さらに玄関入ってすぐの壁には、33年前に手芸が得意な友人が作ってくれたツリーをかけています。我が家のクリスマスツリーもリースも飾りもみんな年季が入っていますが、どれも大切なものばかりです。
おがわさんかざりJPG.JPG
作ってくれた友人は今、体調がいまいち。がんばれー。

 今年のクリスマスは25日に福島の南相馬にいきます。よつば保育園で、絵本を読みます。読むのはあまり得意ではありませんし、自分の絵本を読むのはさらに恥ずかしいのですが、子どもたちと会うのを楽しみにいってきます。まんまるお月さま、見られるといいなあ。
posted by あさえ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする