2015年12月28日

第128話  年の瀬に。

 あっというまに、2015年も終わろうとしています。きょうは、12月28日。つい数日前まで、家々の玄関にはクリスマスリースが飾られ、駅前もクリスマス一色でした。それが、今は花屋さんには、松飾りや正月飾りが並び、お正月のお花が売られています。和菓子屋さんの店先には、のしもちや、祝い餅の見本が置かれています。私ものしもちを2枚と、祝い餅を1つ、頼みました。

 今年の冬至も、孫たちと「運盛り」をしました。「ん」と「運」をかけて、「ん」のつくものをお盆にもると、そこに「幸運」がくるというおまじないです。8歳と4歳の孫たちに、「運盛りするよー」と声をかけたら、「はーい」とやってきました。さあ、“「ん」のつくもの探し”です。まずお盆にのったのは、冷蔵庫の中の野菜室から見つけた「だいこん」「にんじん」「れんこん」「ぎんなん」「かぼちゃ(南京)」「レモン」。そしてなぜか、信用金庫の貯金箱と飴。「この貯金箱は、ちょきん、で「ん」がつくから?」ときいたら、「違うよ。しんちゃんだからだよ。」と8歳。「飴は?」ときくと、「飴ちゃん、だから。」と4歳。三人で大笑い。笑う門には福来るといいますが、笑いながらの運盛り。ぜったいに「運」がやってきてると思います。
DSC01524.JPG
我が家の運盛り!2015年版。あめちゃんがみえなーい。

 12月25日、26日と1泊で福島県南相馬に行ってきました。「はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ」の読み語りとトークを、南相馬在住の画家、小原風子さんの原画展開催中のギャラリーで行うためです。そして、ご縁があってよつば保育園の子どもたちにも、絵本の読み語りをすることになりました。福島駅からバスで1時間半ほどで南相馬に着きます。途中、窓からはあの黒い大きな袋がそれはそれはたくさん、かつては畑だったであろうところに整然と並べられていました。ニュースや新聞で見ていた黒い袋。直にみると、怖い感じがしました。この先、このおびただしい数の袋はどこにいくのでしょう。除染してもまた線量はあがってしまうと聞きました。いたちごっこ。
 南相馬でのことは、また改めて書くことにします。このご縁を大切にしたいと思いました。南相馬で子育てをがんばっているお母さん、お父さん。サポートしている人たち。また、会いにいきたいと思います。
25日。真っ黒な空にのぼった満月の明るかったこと。

 みなさん、どうぞ、よいお年をお迎えください。そして来年も、またひなたぼっこばなしをよろしくお願いいたします。 
posted by あさえ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする