2016年03月11日

第135話 りんさん、ありがとう

 沈丁花の花が咲いて、ゆきやなぎも満開。ミモザも満開。春が始まりました。まるの散歩をしていたら、大きなカエルが歩いていましたし、すでに車にひかれてしまっていたカエルもいました。せっかく出てきたばかりなのに。かわいそうに。

 3月8日、とても暖かい日でした。4月末ごろの陽気で、薄着で打ち合わせにでかけたくらい春めいていました。長い打ち合わせが終わって、夜の10時近くに駅につきました。夫と愛犬まるが迎えにきてくれていて、家に帰る途中、電話がなりました。夫のお姉さんから、「おかあさんが、あぶない。」と。電話をもらった瞬間、沈丁花のつよい香りがつーんとして、もう逝ってしまったかもしれないと感じました。すぐに駆けつけましたが、間に合いませんでした。ただ、さわったときはまだあたたかかった。
ゆきやなぎ1.JPG
ゆきやなぎ、満開

 おかあさんは、98歳。1917年生まれです。「りん」という名前の通り、凛とした女性でした。自分のことはおいておいて、夫と4人のこどものために生きた人だったと思います。「自分だけ」のために生きている人が多い世の中、立派だなと思います。

 葬儀はおにいさんの家でやりました。家族葬です。2歳のあっちゃんが、棺のなかのおばあちゃんをみて、「なんでおばあちゃん、箱にはいっているの?」とママに聞いたそうです。ママが「おばあちゃん、歩けなくなっちゃったから箱で守っているの。」と答えたら、「あっくんが、手をつないであげるから、あるけるよ。」と言ったそうです。涙が出ました。なんて、優しいのでしょう。あっちゃんは、骨になってしまったおばあちゃんをみて、「おばあちゃんは、どこ?」と何度もきくので、「お空にいったのよ。」と答えました。そうしたら、何度も上を見ていました。

 たぶん、あっちゃんの記憶にきょうのことは残らないと思います。でも、年をとると、顔も姿も変わるし、死んで骨になるということを見せるのも大事なことのように思います。沈丁花の香りがするころになると、きっとおかあさんのことを思い出すのだろうなと思います。
 出棺の前、全員で「おぼろ月夜」を歌いました。歌詞に、「里ん(りん)」の「里」と戒名についた「月」という言葉が出てきます。40人ほどで歌いました。おかあさん、喜んでくれたでしょうか。


 
posted by あさえ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

第134話 クロッカス、ぱくり

少し暖かくなってきました。3月3日のひな祭りの日に、5歳のもうちゃんと、雛寿司を作りました。もうちゃんは、手先がとても器用で、黒ごまでじょうずにゆでたまごに目と口をつけていました。大きくなったんだなあって、しみじみ思いました。子どもの成長を感じたひとときでした。
DSC01691.JPG
ひなずし、ちんまり。

 1月に水仙を見に千葉にいったときに、クロッカスの球根を買いました。2月の下旬ごろから黄色い花が咲き始めました。今5輪目なのですが、4輪はすでにありません。ある日、朝起きてみると、最初に咲いた花2輪がなくなっていて、そばに小さなフンがおちていました。まさか、ネズミ!? すぐにドラッグストアーでネズミ退治の薬などを見たりしたのですが、ふと、ネズミは花を食べるのかしらと疑問に思って、残されたフンが誰のものなのかネットで調べてみました。微妙。ネズミのフンに似ているけれど…。なんか違うような気もするし。

 そのうち、また2輪咲きました。昼間、家のなかから外をみると、なんと!ヒヨドリが、クロッカスの花を丸呑みしているではありませんかっ。喉につかえるんじゃないかと思いきや、きれいに完食して去っていきました。ネズミじゃなくてよかった。今、1輪咲いています。ヒヨドリには悪いけれど家にいれて窓辺におきました。鳥たちも、ごはんの虫がまだ出てきてくれなくて腹ペコなのでしょうか。啓蟄になったので、そろそろ、虫も這い出してきますね。
DSC01700.JPG
五輪目のクロッカス

 さて私がパーソナリティを務めさせていただいている「サードプレイス すとうあさえのともいき暦」、あと「啓蟄」「春分」を収録すればまる一年、二十四節気分すべてを放送したことになります。そして次の「清明」から二巡り目に入ります。どのくらいの方が聴いてくださっているのかわかりませんが、季節を楽しみながら暮らすきっかけにしてもらえたら嬉しいです。例えば、「月を見てみようかな」「祭りにいってみようかな」「和菓子を買ってかえろうかな」……。小さなことでいいのです。季節や身近な自然を暮らしに取り込んでいただけたら嬉しいです。そして、「歌」。懐かしい唱歌や季節感あふれるポピュラーソングなども、お話の間に紹介しています。選曲が難しいのですが、楽しいです。全国32のFM局で聴くことができます。詳しくは下記ホームページで。
http://www.jfn.jp/RadioShows/place

 柴犬まるちゃんと散歩をするたびに、遊歩道の花々が開いていくのがわかって、春だなって感じます。花粉症がなければ、ほんとにいい季節なんですけどねー。
posted by あさえ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする