2016年03月05日

第134話 クロッカス、ぱくり

少し暖かくなってきました。3月3日のひな祭りの日に、5歳のもうちゃんと、雛寿司を作りました。もうちゃんは、手先がとても器用で、黒ごまでじょうずにゆでたまごに目と口をつけていました。大きくなったんだなあって、しみじみ思いました。子どもの成長を感じたひとときでした。
DSC01691.JPG
ひなずし、ちんまり。

 1月に水仙を見に千葉にいったときに、クロッカスの球根を買いました。2月の下旬ごろから黄色い花が咲き始めました。今5輪目なのですが、4輪はすでにありません。ある日、朝起きてみると、最初に咲いた花2輪がなくなっていて、そばに小さなフンがおちていました。まさか、ネズミ!? すぐにドラッグストアーでネズミ退治の薬などを見たりしたのですが、ふと、ネズミは花を食べるのかしらと疑問に思って、残されたフンが誰のものなのかネットで調べてみました。微妙。ネズミのフンに似ているけれど…。なんか違うような気もするし。

 そのうち、また2輪咲きました。昼間、家のなかから外をみると、なんと!ヒヨドリが、クロッカスの花を丸呑みしているではありませんかっ。喉につかえるんじゃないかと思いきや、きれいに完食して去っていきました。ネズミじゃなくてよかった。今、1輪咲いています。ヒヨドリには悪いけれど家にいれて窓辺におきました。鳥たちも、ごはんの虫がまだ出てきてくれなくて腹ペコなのでしょうか。啓蟄になったので、そろそろ、虫も這い出してきますね。
DSC01700.JPG
五輪目のクロッカス

 さて私がパーソナリティを務めさせていただいている「サードプレイス すとうあさえのともいき暦」、あと「啓蟄」「春分」を収録すればまる一年、二十四節気分すべてを放送したことになります。そして次の「清明」から二巡り目に入ります。どのくらいの方が聴いてくださっているのかわかりませんが、季節を楽しみながら暮らすきっかけにしてもらえたら嬉しいです。例えば、「月を見てみようかな」「祭りにいってみようかな」「和菓子を買ってかえろうかな」……。小さなことでいいのです。季節や身近な自然を暮らしに取り込んでいただけたら嬉しいです。そして、「歌」。懐かしい唱歌や季節感あふれるポピュラーソングなども、お話の間に紹介しています。選曲が難しいのですが、楽しいです。全国32のFM局で聴くことができます。詳しくは下記ホームページで。
http://www.jfn.jp/RadioShows/place

 柴犬まるちゃんと散歩をするたびに、遊歩道の花々が開いていくのがわかって、春だなって感じます。花粉症がなければ、ほんとにいい季節なんですけどねー。
posted by あさえ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする