2016年04月28日

第138話 あしかがフラワーパーク

 4月もあっというまにおわってしまいそうです。あしたからゴールデンウィークに入ります。初日の29日は昭和の日。昭和生まれの私としては、親しみを感じる記念日です。昭和30年代に子ども時代をすごしたのですが、まあ、よく遊んでいました。学校から帰ると近所の友だちと、缶蹴りやゴム跳び、石蹴り、目隠し鬼、靴隠し、縄跳び……。地面に歌をうたいながら絵を描いたり。♪ミミズが三匹、やってきて〜♪あっというまに、かわいいコックさんになるのですけど、この絵描き歌、「児童文化」のテキストの「伝承遊び」の項目に紹介されていました。昭和の遊びはもはや、伝承文化の仲間入り。最近は道で遊ぶ子の姿を見ることがなくなりました。遊びを伝承していくこと自体が難しくなってきたように感じます。

さて昨日の夜、あしかがフラワーパークに行ってきました。藤棚がとてもきれいと聞き、私がパーソナリティをつとめさせていただいているラジオで紹介しました。そしてどうしてもその藤棚を見たくなって、出かけていったというわけです。まあ・・。すっごく、きれいでした。
DSC01784.JPG
写真がへたでごめんなさーい。

 小雨で平日の夜でしたが、来園者は多く、特に中国語が飛び交っていました。大藤棚はライトアップされて、夢の世界のよう。樹齢150年の藤が2本。広さ1000uの大藤棚! 白藤の80mにおよぶトンネルや、200本のきばな藤のトンネルは、まだつぼみの状態だったので、5月に入ったらそれはそれは美しいと思います。池に映る藤の姿も、夢のよう。

 トイレも清潔でしたし、ベンチもいたるところにありますし、車椅子でもスムーズに動けるように園内は配慮されています。「藤」は日本の国産種。やわらかなその色は決して派手ではないのですが、奥ゆかしい気品を感じさせてくれます。園内には藤のほかには、ツツジが咲き始めていました。バラも咲き始めます。四季の花が咲くフラワーパーク。またちがう季節に行ってみたいと思います。とにもかくにも、藤の花の香りはとても強くて、くらくら。すっかり酔っ払ってしまった春の夜でした。


posted by あさえ at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

第137話 通れない道

 最近、遊歩道を歩いているとやけにタンポポの黄色がチカチカと目にとびこんできます。きれいな黄色だなあって思います。それにしても熊本・大分で大きな地震がおきています。はらはらしながら見守るばかりで、ごめんなさい。日本は地震の多い国なのだと、またもや突き付けられました。他人事ではありません。備えないと。

 先日、地下鉄の駅でトイレに入りました。そうしたら、使用中のトイレから、「ウゲーッ、グォーッ」と異様なうめき声が聞こえてくるではありませんか。苦しそうで、尋常ではありません。一瞬、出産?! 人間が妖怪に変身中?! 本気でそんなことを想像してしまうほどのうめき声。声をかける勇気がなかったので、駅員の人に、「女子トイレの個室で、苦しそうな声が聞こえます。」と伝えました。「すぐに調べてみます。」と言ってくれました。余計なことをしたかもしれませんが、心配だったものですから。

DSC01750.JPG
柴犬まるの足もとで、たんぽぽチカチカ

 愛犬の散歩コースのひとつに、通れない道ができてしまいました。道沿いの一軒の家の駐車場に、日本犬のミックス犬が飼われています。年は10歳ぐらいでしょうか。いつも狭い駐車場にいて、車がバックで入るとき、排気ガスがかかるだろうな、ひかれないだろうかと気になっていたのですが、うちの犬が通ると、ワンワンと元気に吠えてくれていました。ところが、久しぶりにその家の前を通ったとき、がく然としました。ものすごくやせていて、年老いていたからです。そしてそのあとしばらくして通ったら、姿がありませんでした。亡くなったのかもしれないねと夫と話して、駐車場に手をあわせました。

 ところが、次にそこを通ってみたら、びっくり!いたのです。ただ、さらに細くなって、壁にはりつくように立っています。立っているというよりも、前足だけでしか立てないようで、おなかを帯状のベルトのようなもので上からつるしてある状態でした。わんちゃんは、ときどき、からだを動かすのですが、つるさげられているのでゆらゆら揺れている感じです。フードがおいてあり、たべようとするのですが、ほとんどこぼしています。夜遅く通ったときも、この状態でした。どうしたらいいのでしょう。夜、眠れなくなってしまいました。地下鉄のトイレのうめき声を通報することはできたけれど、なんとかしてあげてという手紙をその家のポストにいれる勇気がない……。通れない道。つらいです。
posted by あさえ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

第136話 4つのチューリップ

 桜もおわり、ハナミズキが咲き始めました。ハナミズキは、東京市長の尾崎行雄がワシントンに桜を贈ったお礼に、東京に贈られた木です。すっかり東京の街路樹の顔になりました。可愛らしい花を咲かせてくれますし、秋になれば紅葉し、赤い実をつけて小鳥を喜ばせてくれます。新しい土地で根を下ろしたのですね。今春、仕事や学校などさまざまな事情で新しい場所に行かれた方も多いと思います。ワシントンの桜、東京のハナミズキのように、そこで美しい花を咲かせてください。

 我が家の小さな花壇に4種類のチューリップが咲きました。とてもきれい。黄色、赤色、少しまだら模様の赤色、そして白色。昨年の秋に、水仙の里にいったときに買ってきた球根です。4人の孫それぞれに1つずつのつもりで、4種類。

 8歳のかーくんは、一番上のおにいちゃん。すると、かーくんのチューリップは一番先に咲きました。3歳にもうすぐなるあっくんは、5歳のもうちゃんより背が高いので、きっとみんなのなかで一番大きくなると思います。そんなあっくんのチューリップは、4つのなかで一番のっぽさんでした。10ヶ月のこうちゃんは、むちっとしていてたいてい笑っています。そんなこうちゃんのチューリップは、一番茎が短くてお花もむっちり。もうちゃんは、なんでも負けず嫌い。もうちゃんのチューリップは茎が短いし、咲くのも遅い。でも、なんと4輪も花をつけました! もうちゃんは、「わたしのはひとつかれても、まだ3つもあるもん」と鼻たかだかです。こどもたちとチューリップ。なんだか、ぴったりでおもしろいなと思います。球根をとっておいて、また咲いてもらいましょう。
DSC01738.JPG
もうちゃんの雪うさぎチューリップ

 花粉症も終わりに近づいて、少しほっとしてきました。これから、いろんな花が咲き始めます。ドウダンツツジも花をつけはじめました。フジの花もこれからですし、モッコウバラが咲くのも楽しみです。我が家の花壇では、ハーブが青々としてきました。ただ、レモングラスがまだ藁状態・・。だいじょうぶかなあ。
DSC01742.JPG
だいじょうぶかな。レモングラス。

 
posted by あさえ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする