2016年08月28日

第149話 夏にさようなら

台風10号が30日か31日ごろ関東にくるそうですが、大型なので台風進路に注意するようにとニュースで呼びかけています。今年は8月31日が二百十日。この日は立春から210日目で、昔から台風など災害が起きやすいころと言われています。宮沢賢二の「風の又三郎」がのってきた風も、二百十日の風。米や果物、野菜など農産物に被害が出ませんように。洪水や山崩れで被害を受ける方がいませんように。

 オリンピックが終わり、もうすぐパラリンピックが始まります。日本選手はがんばりました。時差がありすぎるので、朝起きるとメダルの数が増えていたりしました。メダル効果でバドミントンや卓球をやる人が増えたそうですが、私もやりたいと思いつつ、ちょっと無理。そこで、室内でもできて、バドミントンや卓球に近いものを見つけました。「羽根つき」です。意外に難しいのですけど、羽根を広げればそんなにシャープに飛ばないのでなんとか受けることができます。6歳の女子の孫とやったら、まったく続かず。羽根つきは小学校に入ってからかな。今は夫、時々息子と、コーンカーンと音を響かせてトレーニングしています。羽根つき、おすすめです。
はごいた

先日、暑い日でした。駅から帰る道にアブラゼミがころんと死んでいました。コンクリートの上では土に戻ることもできないし、車や自転車につぶされてしまうと思い、とりあえず拾い上げました。セミは、私の手の平の上であおむけになって固まっています。コンクリートの熱が体にうつっているのでしょうか、あたたかです。土の中から出てきて、一週間は生きていたのかな。オスかなメスかな。我が家で今年羽化して飛び立ったセミのこともふと思い出しながら歩いていたら、家に着いてしまいました。結局、庭にある小さな土のスペースにおいてあげました。これで、土に還れる。
 夏の終わり。いつのまにか秋の虫の声が目立つようになりました。8月中旬、代官山の蔦屋から見た満月もきれいでしたが、9月15日は中秋の名月。自然は流れているのですね。
tutaya

 

posted by あさえ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする