2018年05月19日

第189話   本物の人たち

 暑くなったり寒くなったり、気温のアップダウンに翻弄される毎日ですが、意外に気持ちは元気です。今、そらまめがとてもおいしくて連日食べています。そらまめの黒い筋をみると、紙芝居「おとうふさんとそらまめさん」(長野ヒデ子/作 童心社)を思い出します。黒い筋は「黒い糸でぬったから」。先日も短大の授業で学生さんたちに紹介しました。本物のそらまめをこどもたちに見せてあげて、この紙芝居を演じてあげると、きっと、そらまめに親しみを感じるようになるんじゃないのかなって話しました。それにしても、そらまめのさやの中はとってもゴージャス。

 突然ですが、西城秀樹さんが亡くなりましたね。わたしと同世代ということもありますし、新御三家のなかでは一番ファンだったので寂しいです。わたしは大学をでてすぐにフジテレビ(まだ新宿河田町にありました)で仕事をしていたのですが、1回だけ駐車場で西城さんを見かけたことがあります。「な、なんて、足の長い人だろう・・・」とものすごく驚きました。ほんとに人間?って思いました。足しか印象に残っていないくらいの衝撃でした。脳梗塞で倒れても、リハビリする姿を隠さず見せてがんばりました。本当に自分に自信がある人は、なにも隠さないんだなと思いました。とりつくろったり、見栄張ったりしない。

 4月、車で走っていたら、道路の端に小さな椅子にすわっているよぼよぼのおじいさんが見えました。真っ赤なウィンドブレイカーを着て、すごく目立ちます。おじいさんは、そのうち歩き出したのですが、椅子だと思ったのは杖でした。杖をついてゆっくりゆっくり歩いています。そしてなんとその人は小澤征爾さんでした。世界的な指揮者なのに、弱った姿を堂々と町の人に見せていることに感動しました。(よぼよぼなんて書いて、すいません・・。)小澤さんも西城さんも、本物だと思います。わたしもそうありたいです。
IMG_1593.JPG
西城さんと小澤さんに。ケイトウケーキを。(母の日にもらったのものですけど)

 さきほど柴犬まるちゃんと夜の散歩にいきました。そうしたら、いきなりうしろから「何歳?」って聞くおじさんの声が聞こえてきました。えっ、人に年齢を聞く?と一瞬驚いてふりむいたら、自転車にのったおじさんが、まるをみていたので、『あっ、まるちゃんの年のことか』と納得。「17歳です」と答えたら、「よく歩くね、えらいね」と言ってくれました。反射的に自分の年齢を言わなくてよかったと思いましたが、これも一つの見栄でしょうかね。


posted by あさえ at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

第188話   まっくらな夜

 5月3日に行ってきました。茨城の義兄の山小屋に。幸い渋滞もなく、すいすいと目的地に到着しました。義兄の山小屋のまえには畑があり、ネギが植えられていました。義兄はどちらかというとこちらで過ごすことが多いらしく、家の中も生活感があってこなれた(?)感じでした。庭のすみには薪ストーブ用に庭のクヌギが薪サイズに切ってあってきれいに積み上げられていました。義兄手作りのピザ釜は蓋がちょっとずれていましたが、問題なくおいしくピザを焼くことができました。
IMG_1552.JPG
ピザ釜準備中
 うちからはオイルサーディンの缶詰とフランスパンをもっていきました。缶詰のふたをとり、そのまま釜にいれて熱々のところに醤油をたらし、フランスパンをつけて食べます。これが、おいしい!溶けるチーズをいれて焼いて食べても美味しかったです。うちの孫と義兄の孫、小二から小六までの4人のこどもたちは、それぞれ自分の好きなトッピングをしてピザを焼きました。かあくんは、「どれが一番おいしいか投票してください!」とピザコンクールをしようとしましたが、全員が全員のピザに手をあげるので「これじゃ、一等がきまんない」と少ししょんぼり。かあくんは自分のピザに自信があったのかな。

 夫は大好きな焚き火ができて大喜び。とてもきれいな焚き火でした。急遽、やきいもをすることに。そして夜は花火。火を散らしながらくるくるまわる花火は、最後にパンッと大きな音をたてて終わるのかなと思ったら、静かに鎮火。「あら、不思議なねずみ花火だね」と言ったら、「これは、こま花火だよ」と言われました。へえ。いろいろあるんですね。
 IMG_1548.JPG
焚き火準備中

 ひさしぶりに真っ黒な夜、というのを体験しました。墨をたらしたような黒の世界。曇り空だったので月や星が見られなかったのが残念。なんだかんだで気持ちのよい1日でした。

 義兄がなぜ茨城にいるのかというと、実は飛行機を飛ばすためです。小さな飛行機をもっていて免許をとって自分で運転しています。その飛行機をおいてある飛行場が近くにあり、仲間もいて楽しいのだそうです。息子たちはとても興味をもっているようですが、私としては乗ってほしくないんですけど。うーん。その飛行機、ドアがあったかしら・・。夫は「ある」というけれど。
IMG_1553.JPG
私は飛行機よりブランコ(手作り)がいいな。静かに揺らさないといけないけど。
posted by あさえ at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

第187話   おなかいっぱい。

 連休後半にはいります。天気があまり良くないようですが、明日は茨城方面に行く予定です。義兄の別荘に親戚が集まってキャンプをします。明日の夜は義兄が作ったピザ釜でピザをやいて食べます。私が5日にイベントがあるため、私と夫と柴犬まるちゃんは日帰り。大雨じゃないことを願うばかりです。

 さて前回の春キャベツの話の続きです。残りのキャベツ3個をみじん切りにして、お好み焼きパーティをしました。みじん切りにするのに40分かかりました〜。でもキャベツいっぱいのヘルシーなお好み焼きでした。春キャベツらしい柔らかさとジューシーさでとてもおいしかった!そしてめでたく、春キャベツは終了しました。
IMG_1532.JPG
キャベツみじん切り〜。

 そうしたら、また息子の仕事関係で山形にお住まいの方から、山菜が届いたのです!たらの芽とコシアブラ。それこそ、いっぱーい!!ありがたいことです。4分の一をお隣さんにお福分け。息子の家に4分の一。もう一人の息子家族とうちで半分。もちろん、てんぷらにしました。そうしたら、一番食べたのが5年生の男子。梅塩つけて、もりもり。天つゆと大根おろしより梅塩のほうが好きみたいです。その勢いに、揚げ係の私は食べられなくなるかもと思い、揚げながらちょいちょいつまみ食いをしました。ほろ苦さと草の香りがなんともいえません。送り主さんは、一つひとつ摘み取って、洗って新鮮なうちに送ってくれたんですね。感謝の気持ちでいっぱいにいなりました。そして、あっというまに、たらの芽もコシアブラもなくなりました。ごちそうさまでした!
IMG_1531.JPG
IMG_1530.JPG
上がたらの芽。下がコシアブラ。

 おいしいものを食べると豊かな気持ちになりますね。しあわせだなと思います。
 
posted by あさえ at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする