2018年09月21日

第197話   父のハーモニカ

 金木犀の香りがふわっと漂ってきて、気持ちのよい季節になりました。わたしの父は2000年に亡くなりました。ハーモニカがとてもうまくて、伴奏つきでメロディーを演奏してきかせてくれました。そんな父のハーモニカが二つ手元にあります。ずっとそのままになっていたのですが、思い立って修理とクリーニングをお願いすることにしました。

 ひとつはヤマハのハーモニカなので、山野楽器に問い合わせをしたら、銀座ヤマハに持っていけばメーカーにだしてくれるとのこと。もうひとつは、ドイツ製のハーモニカ。ネットで検索して修理をしてくれるところをさがし、「モリダイラ楽器」という会社を見つけて問い合わせをしてみました。技術の方が、電話口で「音は出ますか?」と聞くので、「父が亡くなってから一度も吹いてなくて、あの・・。消毒とかしてなくてちょっと吹く気にならないんですけど」と正直に言いました。結局、持っていってハーモニカを見てもらうことになりました。
IMG_1843.JPG
ドイツ製のハーモニカ。少しアーチ状ですね。

 息子にハーモニカを見せて直すつもりだと話したら、「じいちゃん、うまかったよね」といって、ハーモニカを吹き始めました。きれいな音がでました。父は息子(孫)のことを目のなかにいれても痛くないほどかわいがっていました。大好きなじいちゃんのハーモニカは消毒しなくても吹けちゃうのですね。「ぼく、ハーモニカもらうから。いいよね。」「もちろん。」よかった。ハーモニカもじいちゃんも、喜んでいることでしょう。

 そんなわけで、ハーモニカはいま、修理とクリーニング中。ドイツ製ハーモニカは中が木だそうで、「モリダイラ」の技術の方がいうには、「たぶん、ダメージはないと思います」とのこと。その人はハーモニカをしゃしゃっと消毒すると、ピラピラピラ〜♪と吹きました。やっぱりいい音だ。

 父が亡くなって18年。ずっと引き出しにしまわれていたハーモニカ。また音色を奏でてくれそうです。10月の半ばには2本とも、ピカピカになって戻ってくると思います。楽しみです。

 あまんきみこさんの作品に「すずおばあさんのハーモニカ」という絵本があります。おばあさんがハーモニカをふくと、外からもハーモニカの音が聞こえてきます。すすきのはらで子狐がふくハーモニカの音色です。美しい満月の夜のおはなし。そういえば、今年の中秋の名月もそろそろですね。24日。晴れるといいですね。ハーモニカの音色はなんとなく、秋とお月さまに似合う気がする。
posted by あさえ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

第196話   やたら大きい虫の声

 頭のなかでは、もう秋だと思いつつ、暑かったり蒸したりして夏がまだそこにいるような気がします。ただ夜の柴犬まるとの散歩では秋の虫の声が草むらから聞こえてきてやはり秋なんだとほっとします。秋と夏の綱引きは、そろそろ秋の勝利でおわりそう。

 ところが、虫の声がやけに高らかでクリアで大きい。アオマツムシという外来種なのだそう。本人も悪気があって鳴いているわけではないのだけど、その大きな声にまじって、コオロギの声が聞こえてきます。こどものころは、エンマコオロギを庭でつかまえてケースにいれて飼ったりしました。夜、鳴くと静かに耳をかたむけたものです。アオマツムシもまわりの空気を察して鳴き声を変えてみてもらえるとうれしいのだけど。郷にはいったら郷に従えという言葉もありますから。でも無理ですね。

 9月9日は「重陽の節供」でした。この日は旧暦ですと菊の花がさくころで、稲の刈り入れもおわるころ。今年は10月17日になります。中国ではこの日に菊酒を飲んで長寿と無病息災を願いました。これが奈良時代に日本に伝わって宮中で行われるようになったそうです。菊の花の香りや露を真綿にうつして、それで顔や体をふいて身を清めたりするそうです。なんかいいですね。

 我が家では、夕飯のときに「菊酒」をいただきました。夫がいさんで買ってきたのは「一ノ蔵」。超辛口。私はお酒に弱いので、少しためらったのですが、まあ重陽の節供だからとおちょこ1杯飲みました。氷をいれて。黄色い菊の花びらがきれいで、つい、ぐいっと。すぐに身体中熱くなり、真っ赤っかに変身。食事が終わったら眠くなり、「寝ます」といってちょっと横になったとたん、1時間ぐっすり寝てしまいました。起きてびっくりしたのは、食器などすべて片付いていたこと。夫がしてくれました。それはとても嬉しかったのですが、今度は頭痛。
これでほんとに無業息災の願いがかなったのかな。
IMG_1853.JPG
菊の花びらを入れすぎたかな。

 重たそうなランドセルを背負って、学校に通うかあくん、もうちゃん。菊酒を飲むよりも、二人からもらう元気のほうが無病息災の効果はありそうな気がします。



 

posted by あさえ at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

第195話  9月になりましたね。

猛暑、酷暑、炎暑。暑すぎる夏でした。9月にはいって少し涼しさを感じられるようになり、秋の虫の声も聴こえてきて、ほっとひと息。秋はじっくり仕事に励みたいと思います。それから本を読みたい。岩波少年文庫を読み直そうかと思ってます。
IMG_1833.JPG
窓ガラスに描いたもうちゃんのウェルカムピクチャー

 9月1日に我が家の夏のお誕生日会をしました。8歳、11歳、40歳。おめでとうの会です。8歳のもうちゃんが、みんなを楽しませるためにがんばりました。得意のくじ引き。まず、ペットボトルをボーリングのピンにみたてて、ボールをあてて倒した数で順位をきめます。1番から順番に、くじ引き箱からガチャガチャのカプセルをとりだします。その中に番号が書いてある紙が入っていて、1番の人から順番に賞品をもらえます。好きなものを選ぶのではなく、賞品には前もって番号がふってあって、1番の人は1番の賞品もらうシステム。いちいち、もうちゃんが、「チン!」と呼び鈴をおして、「おめでとうございまーす!」といってから賞品を渡していきます。なかなか手がこんだ構成になっています。
IMG_1836.JPG
ボーリングで倒した数を記入した表

 ペットボトルは水をいれて、重くしました。「ねえ、もうちゃん。この水に色がついていたらきれいじゃない?」と私がいうと、「アワアワにしてもいいんじゃない?」ということになり、食紅を水にいれて色をつけていきました。青と赤と黄色。単色とあとはいろいろまぜて、「コーラだ」「麦茶だ」といいながら。それから、洗剤をいれてふってみたら、泡がたちました。光に透かして、ふたりで「きれい〜!」。 
11歳のかあくんが、「ボールがあたったら、割れて水浸しになるんじゃない?」と冷静に指摘しましたが、「まあ、そのときはそのとき」。「ふけばいいよね。」ということで対処。
IMG_1829.JPG
♪なーらんだ、なーらんだ ペットボトルが なーらんだ♪
 
 賞品は1ヶ月ぐらい前に、もうちゃんと私とふたりで商店街でそろえました。文房具屋さん、お菓子屋さん、日曜大工センターのガチャガチャなどで10個。町のお店でつかえる500円券3枚の賞品もあり、それが一番高いので、もうちゃんもかあくんも欲しかったのですが、当たりませんでした。でも賞品が配られたあとに毎度交換会があるので、今回もここでわりといい感じに賞品の落ち着き先が決まりました。
IMG_1838.JPG
左が夫の賞品。右が私の賞品。

 いつまでみんなでお誕生日会ができるかわからないし、もうちゃんがいつまでイベントを担当してくれるかわからないけれど、単純に楽しい思い出はたくさんあったほうがいいような気がします。そして孫たちが、私が天国(?)にいったあとも、仲良くしていってくれたらうれしいです。
IMG_1837.JPG
チンッ!
posted by あさえ at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする