2019年04月24日

第211話 100円ショップにご用心 

庭のモッコウバラがそれはそれは美しく咲いています。春になると近所の家の塀からモッコウバラが溢れるように咲いているのを見て綺麗だなあと思いました。そこで我が家の小さい庭にも植えたくなり、園芸屋さんで苗を3本購入しました。確か2年前だったかしら。今年は昨年より花の数が数倍増えたような気がします。たいてい、植物は枯らしてしまう私なんですけど、モッコウバラは大成功。とても嬉しいです。

 今日、新宿にある300円ショップに行きました。週末に恒例の須藤家「春の誕生日会」をやることになっています。その時のくじ引きの賞品を買うためです。小学3年生のもうちゃんが、いつものようにくじを作ってくれました。今回のくじはまず、もうちゃんが名前を書いてある紙を引いて、「○○さーん」と名前を呼びます。呼ばれた人は、10本垂れ下がっているリボンのうちの一つを引っ張ります。すると、そのリボンの先にガチャポンのケースが付いているので、もうちゃんが中をあけて、紙に書いてある数字を読み上げます。「はい、○○さん、三番です!」という具合。つまり、三番目に賞品を選べるということです。それを繰り返して10人すべて終わったら、一番から順番に10種類の賞品の中から好みの一つを選びます。賞品は私ともうちゃんで町を歩き回って揃えたのですが、まだ一つ足りません。そこで100円ショップの小さなプランツにすることにして、今日私が買いに行ったというわけです。
IMG_2430.JPG
こちら側から引っ張ります。もうちゃんは裏にいます。

 そのお店は100円から500円ぐらいまでの商品が置いてあり、デザインも良くておしゃれな感じです。プランツがイマイチ気に入ったのがなくて、他の賞品を見て回っているうちに、なぜかカゴの中には、かわいい鳥の箸置き10個、子どもたち用のお皿4枚、竹箸10組が……。そして再び、プランツを選び始めた時、その声は聞こえたのです。「かわいいけど、結局はいらないものなのよね。」。ガーン。その通り!箸置きは、出しても結局あっちこっちに散らばるだけ。子ども用のお皿は、特に必要ないし、竹箸もなぜ買おうとしたのかわからない。私はカゴに入れたものを、一つ一つ元のところに戻しました。プランツは結局、家の近くの花屋さんに気に入ったのがありました。198円でした。あの声が聞こえなかったら、2400円出費していたところでした。気をつけなくちゃ。
IMG_2429.JPG
198円のプランツ。かわいいです。

 春の誕生日会は、私と双子の息子、孫二人、そして柴犬まるです。みんなにとって幸せな一年になりますように!
posted by あさえ at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする