2019年12月18日

第219話 お天道様が見ているよ 

「ひなたぼっこばなし」を2ヶ月ぶりぐらいに書きます。とにかく外出することが多くなりました。「外に出る」、ということは家で書く仕事に集中できないということ。仕方がないので原稿を手提げに入れて電車の中で続きを書きました。意外にこれがはかどるのです。でもどうしても手直しは必要になりますけど。それでも今年は、「はじめての行事絵本」(ほるぷ出版)のシリーズが8作まで出版され、来年あと4作が出版される予定です。一冊一冊絵描きさんが違うので、表紙の印象が変わってとてもいい感じです。12冊が揃ったら全部並べて眺めたいです。そのまま日本の季節の移ろいの景色が見られるかも。楽しみです。このシリーズを作ろうと声をかけてくださった編集者さんのおかげです。感謝してもしたりない。ありがとうございます!

 来年は行事シリーズつながりで、新しい絵本のシリーズが始まります。また「子どもと楽しむ行事とあそびの絵本」(のら書店)の続編(行事ではありません)が出る予定。大好きな紙芝居と保育絵本のお話も考え中です。注文をいただけるのはとても嬉しいです。来年もどんどん書きます。
IMG_3041.JPG
 最新作「ぽかぽか ゆずおふろ」でーす

 でも1日の時間は24時間と決まっています。外出する仕事が多くなったということは、何かを減らしていかなければいけません。そこで、大変申し訳ないのですが、講演会をいくつかお断りさせていただきました。あれもこれもではなく、書く仕事を一番にして優先順位を決めていかないとと思っています。

 来年、私の座右の銘にしたいと思う言葉は、「お天道様が見ているよ」。こどもの頃、「人の見ていないところで悪いことをしても、お天道様が見ているから、してはいけないよ」と言われたものです。忙しいと、つい人の気持ちに気がつかなくて傷つけてしまったり、丁寧にやらず雑にやったためにあとで大変なことになったりすることがあります。自分の心の持ちようを戒めてくれる言葉だと思います。私の知人が先日こんなことを言っていました。友人と激しい口喧嘩をした時に、その人が最後に言った一言が、「天が見てますよ」だったそうです。(私の知人は無宗教ですが、その人はクリスチャンだそうです)
「お天道様」は太陽、自然。「天」は神様?私はクリスチャンではないのでよくわかりませんが、この違いも興味深いなと思いました。

 愛犬、まるちゃんが、18才と7ヶ月。ほとんど寝たきりの状態ですが頑張っています。体が硬直して痙攣したり、目玉がくるくる回っていたり、私たちをびっくりさせてくれますが、生きています!なるべく体を撫ぜてあげて声をかけてあげています。しかし、夜中のほえ声は・・まるちゃん、なんとかして〜。これからまるちゃんで年賀状を印刷します。みなさん、良いお年をお迎えください。
 IMG_2274.JPG
スヤスヤまるちゃん
 
posted by あさえ at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする