2011年04月11日

第72話 さくらの気持ち

大地震から、1ヶ月がすぎました。まだ余震もあるし、放射能の心配もつづいています。ミネラルウォーターがスーパーにありません。雨がふると、水道の水をくみおきしてくださいとテレビでアナウンサーがいいます。日本の水は、安全でおいしかったはずなのに。これからどうなってしまうのでしょう。

わが家の近くの桜がそろそろちりはじめています。今年は、いろんな所でさくら祭りは中止。たしかにちょうちんつけて、桜の下で飲んだり食べたりさわいだりは、あまりすきな景色ではなかったけれど、これだけしずかなのもさみしい気がします。

福島県富岡町では、夜の森公園(よのもりこうえん)の桜が有名だそうです。約500本のソメイヨシノが約2.5キロの道路の両側に並び、桜のトンネルをつくるのだそうです。でも、今年は原子力発電の事故のために住民がひなんして、もぬけのからになってしまいました。
それでも、桜はいつものようにさいているのですね。だれも見る人はいなくても、季節がめぐれば、さくのですね。

お花見は田の神様が桜を目印におりてこられて、豊作をお願いする人たちと飲食をともにする行事だそうです。夜の森公園の桜におりてこられた田の神様は、ぽつんと一人で途方にくれているかもしれません。今年の米はどうなるのだろう。

ニュースでがれきの間から、黄色いクロッカスのつぼみが顔を出した映像を見ました。生まれたての黄色の美しいこと。
桜もクロッカスも春がきたよって、教えてくれる花たちですが、今年はどんな気持ちでさいているのでしょう。
私は思います。桜やクロッカスは、みんなに、きっとこう伝えたいのだと。「春はくる。くるからね!」

1.jpg
桜と菜の花とまるちゃん。みんな、春だよー!
posted by あさえ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック