2014年06月09日

第104話 おかえり! 椅子

 梅雨に入りました。ここのところ、雨ばかり。仮住まいの庭のあじさいがきれいです。1輪、玄関に飾りました。そうしたら、ラジオで「あじさいを家の中に飾ると、お金が入ってくる」という情報を得ました。「うっそー」と思っていたら、少しですけど、予定外のお金が入りました。そこで、2輪に増やしてみました。さあ、どうでしょう。またまた、ラッキーは起こるでしょうか。起きたらいいな。

あじさい.jpg

 花はたくさんの種類がありますが、みなさんはなんの花が好きですか。私は、芍薬(しゃくやく)が大好きです。たぶん、いちばん好き。理由はわかりませんが、あのふっくらと大きくさく花がなんとも優しくて、おおらかで、見ていてほっとします。牡丹とちがいがよくわかりませんが、芍薬は草で、牡丹は落葉低木なのだそうです。両方とも古来から薬用として使われ、芍薬が中国から日本に来たのは平安のころだそうです。花言葉は「はにかみ」。ちなみに牡丹の花言葉は「冨貴」。(「あなたに贈る花言葉」若葉晃子より) ここのところ、私は花屋さんをのぞいては、芍薬を探していました。やっと昨日、買うことができました。しっかりとかたく結んだ蕾の状態で購入し、家に戻り、ランラン気分で花瓶にいけたとたん! ふわーっと花が開いて、開いて、開いて……満開になってしまいました。なんてこと!

しゃくやく.jpg

でも、美しい。きれい。「たてば芍薬、すわれば牡丹 歩く姿は百合の花」という言葉がありますが、すーっと茎をのばしてその先端につけているのは大輪の花、一輪。なるほど、立てば芍薬だなあ。最近、自分の姿勢がずいぶん悪くなったと感じているので、芍薬のようにすっと背筋を伸ばすように気をつけようと思います。伸ばした背筋の先端についているものは、もうどうしようもないので、せめて姿勢だけでもがんばります。

1と2後から.jpg
ボロボロだった椅子

前置きが長くなりましたが、今回のメインは、「椅子」です。以前、ぼろぼろの椅子を修理に出したことをエッセイに書きました。やっと、戻ってきたのです。きれいになって、若返って。しみじみ、なおしてよかったと思います。椅子の枠はそのままなので、傷や色褪せがありますが、かえって歴史を感じさせてくれてとてもいい感じです。新居に入るまであと2ヶ月半。荷物の整理を始めなければいけません。次はぬいぐるみ。どうしよう……。人形供養に出さなければ。でも、一つ、迷っている人形があるのです。ボロボロだけど、思い出がつまっているぬいぐるみが。供養にだすグループに入っているのですけど、どうしよう。修理をしてもらい、洗濯をしてもらおうか、どうしようか。迷っています。

いすとまる.jpg
新品になって帰宅
posted by あさえ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック