2014年12月22日

運盛りだ!!

 きょうは、二十四節気の「冬至」です。今夜の月は新月。旧暦でいえば1日で、「朔旦冬至」といって昔の人たちはおめでたがったそうです。なぜおめでたいのかは、勉強不足でしっかり説明できなくてすいません。来年はもっと行事のこと、暦のことを学びたいと思います。「冬至」はクリスマスのかげに隠れてあまり祝われていないように思いますが、どうでしょうね。「冬至」は一年で一番昼が短く、その翌日からは昼の長さが少しずつ長くなることから、「太陽復活」の日として昔から祝われてきました。日本では、「たたみの目の長さ」だけ「米粒の長さ」だけ、日が長くなるといい、「一陽来復」の日と言われています。そしてカボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりします。銭湯では「ゆず湯」をするところも多くあるようです。スケールが大きいのでしょうね。
DSC00866.JPG
ゆず、食べられる?

 カボチャは夏野菜ですが、保存がきくので野菜が少なくなる冬に食べました。「南瓜(なんきん)」と呼ばれていたので、「ん」のつくものを冬至に食べると一年間病気をしないと言われています。他にも「こんにゃく」「きんかん」「だいこん」などいろいろあります。そして、「ん」のつくものをひと盛りにすると、そこに「運」がやってくるというおまじないもあるそうです。そこで、我が家でもこどもたちに、「ん」のつくものを一つもってきてとリクエストしておきました。そうしたら、まあ、「ドラエモン」「いるか?ちゃん」「フォルクスワーゲン」(ミニカー)……。いろいろ集まりました。「運」様は、あまりのバラバラ盛りにびっくりして逃げたかも。いえ、面白いと思って来てくれたかも。どちらかな。

DSC00864.JPG
運様、きて〜〜

 行事は、昔から脈々と伝えられてきたもので、地域や家族で形もちがうと思います。たぶんこれからも形は変わって祝われていくのだと思います。大切なのはどう祝うかではなく(形ももちろん、大事ですけれど)、祝おうという気持ちだと思います。願いと感謝。目には見えないけれど、おおきななにかに守られているような気持ちというか…。そんな大げさなものではないのですけれど、季節の移ろいの中で、豊作や健康や幸せを桜や星や月に願うことってすてきだなと思います。さて我が家の冬至の「運盛り」は、この先どうなっていくのでしょう。
 これから、家の掃除とお正月の支度が始まります。今年から息子たちの家族と同居が始まりました。3世帯同居。子どもたちの声が聞こえる暮らしもいいものだなと思います。来年も、家族や友人みんなが元気で幸せに暮らせますように。来年で14歳になる愛犬まるも、ずいぶん顔が白くなりましたが、長生きしてくれますように。
 みなさま、良い年をお迎えください。


 







     
posted by あさえ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック