2015年08月24日

 第119 みのむし!

 セミたちの声が弱くなってきて、しだいに秋の足音が近づいてきたように思います。まだ残暑は厳しいですが、確実に季節は移り変わろうとしています。こどもたちはもうすぐ二学期が始まります。みんな、どんな夏休みだったのかな。私はいつもと変わらぬ毎日で、ほとんど仕事をしていました。目は疲れ、肩は凝り、ずっと座っているので腰が痛くなりました。午後2時ぐらいになると睡魔に襲われ、30分ほど昼寝をして、また仕事。そんな中、息子に誘われて「ジュラシックワールド」という映画に行ってきました。上映最終回だったので終わったのが0時ちょっと過ぎ。恐竜に襲われるシーンは恐ろしくて、「あっ、やられる!」とわかると目をふさいでいたものだから、面白かったのかどうなのかよくわからないという始末。刺激が強すぎました〜。

先日、駅から家に帰る途中、アスファルトの道路のすみに黒っぽいかたまりを見つけました。ピンときて、しゃがんでよく見たらやっぱり「ミノムシ」でした。漢字で書くと「蓑虫」。葉や細い枝で蓑のような殻をつくり、その中で過ごす不思議な虫。最近見ないと思っていたところに突然現れたので、うれしくなりました。このままでは車にひかれたり、踏み潰されたりするかもしれないと思い、家に連れて帰り、植木鉢の上においておきました。こどもの頃はミノムシはたくさんいて、殻をはいで毛糸や折り紙を細かくして、その中にいれるとカラフルな蓑をつくりましたっけ。今考えると残酷なことをしたなと思いますが、そうやって小さな生き物への親しみを深めていたような気もします。セミだって、つかまえて胴体に糸をつけてはしっこをもって、ぶんぶん飛ばしました。セミの羽のパワーが糸をつたわってきてワクワクしたものです。そのことを孫に話たら、「かわいそう〜」。複雑。

さて、我が家に引っ越しさせたミノムシですが、翌朝見てみたら、どこにもいない!あれっと思ってまわりを見てみたら、30センチほど離れた壁にくっついていました。夜のうちに動いたようです。蓑の上の口から半分体をだして、足でもぞもぞ移動しているようです。次の日みたらまたいない。鳥につれていかれたのかと気の毒に思っていたら、まあ、そこから3メートルぐらい離れた壁にはりついているではありませんか。びっくり。ガレージを横断したことになります。車にひかれないでよかった。

 ミノムシは、雄が羽化してミノガになり、雌は蓑の中で産卵して死んでいくのだそうです。一度も蓑から出ることなく……。そういう私も、なかなか自分の殻から抜け出せなかったけれど、ある人と出会って、すごく生きることが楽になったという経験があります。蓑を脱ぐことができました。ミノムシ女子たちは、きっと蓑とともに生きるほうが楽なのでしょうね。聞いてみたいものです。ミノムシは冬を越えるのが大変だそうです。うちのミノムシ、がんばれ! 冬はまだまだ遠いけど。

写真.みのむしちいさい
ぼけててごめんなさ〜い。きみは、女の子かな。男の子かな






posted by あさえ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック