2016年04月17日

第137話 通れない道

 最近、遊歩道を歩いているとやけにタンポポの黄色がチカチカと目にとびこんできます。きれいな黄色だなあって思います。それにしても熊本・大分で大きな地震がおきています。はらはらしながら見守るばかりで、ごめんなさい。日本は地震の多い国なのだと、またもや突き付けられました。他人事ではありません。備えないと。

 先日、地下鉄の駅でトイレに入りました。そうしたら、使用中のトイレから、「ウゲーッ、グォーッ」と異様なうめき声が聞こえてくるではありませんか。苦しそうで、尋常ではありません。一瞬、出産?! 人間が妖怪に変身中?! 本気でそんなことを想像してしまうほどのうめき声。声をかける勇気がなかったので、駅員の人に、「女子トイレの個室で、苦しそうな声が聞こえます。」と伝えました。「すぐに調べてみます。」と言ってくれました。余計なことをしたかもしれませんが、心配だったものですから。

DSC01750.JPG
柴犬まるの足もとで、たんぽぽチカチカ

 愛犬の散歩コースのひとつに、通れない道ができてしまいました。道沿いの一軒の家の駐車場に、日本犬のミックス犬が飼われています。年は10歳ぐらいでしょうか。いつも狭い駐車場にいて、車がバックで入るとき、排気ガスがかかるだろうな、ひかれないだろうかと気になっていたのですが、うちの犬が通ると、ワンワンと元気に吠えてくれていました。ところが、久しぶりにその家の前を通ったとき、がく然としました。ものすごくやせていて、年老いていたからです。そしてそのあとしばらくして通ったら、姿がありませんでした。亡くなったのかもしれないねと夫と話して、駐車場に手をあわせました。

 ところが、次にそこを通ってみたら、びっくり!いたのです。ただ、さらに細くなって、壁にはりつくように立っています。立っているというよりも、前足だけでしか立てないようで、おなかを帯状のベルトのようなもので上からつるしてある状態でした。わんちゃんは、ときどき、からだを動かすのですが、つるさげられているのでゆらゆら揺れている感じです。フードがおいてあり、たべようとするのですが、ほとんどこぼしています。夜遅く通ったときも、この状態でした。どうしたらいいのでしょう。夜、眠れなくなってしまいました。地下鉄のトイレのうめき声を通報することはできたけれど、なんとかしてあげてという手紙をその家のポストにいれる勇気がない……。通れない道。つらいです。
posted by あさえ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック