2016年09月21日

第150話  ウコンの花

 9月もあと10日ほどでおしまいです。明日は秋分の日で、お彼岸の中日。私はうっかり9月23日と思っていましたが、今年は22日。春分と秋分は、太陽が春分点、秋分点を通過する日なので、年によって変わることを忘れていました。天高く気持ちのよい秋晴れの日が待ち遠しいのですが、台風がきて、そのあとに秋雨前線も待機しているようでしばらくは期待できないかも…。せめて10月10日のモッちゃんの幼稚園最後の運動会は、晴れてほしいです。応援団のメンバーになったそうで、練習に励んでいます。成長したものだなあとしみじみ思います。

 先日、大学の友人たちと千葉の友人の家へ行ってきました。時々会って、とりとめのないおしゃべりをします。それがなんともいい時間なんです。友人の家は「宇宙あそび村」幼稚園。今回は園児のお父さんたちと作ったピザ釜で、ピザを焼いて食べました。生ハム、アスパラ、おくら、えのき、しめじ、マシュマロ、チョコレート、バナナなどいろんな具を友人が準備してくれて、それぞれが好きなようにトッピングして焼きました。焼きたてのピザは、もちろん!美味しかったです。マシュマロが炎上し黒焦げになるというハプニングもありましたが、私たちは動じません。焦げをとったら、中がとろりとしていい感じでした。私は本当は1泊するつもりでしたが、急ぎの仕事が入り残念ながら日帰りしました。しょぼーん。

 帰ってから集中して仕事をし、来客もあってクタクタになっていたとき、珍しい花をいただきました。「ウコンの花。珍しいので…」って。ウコンといえば、あのウコン。二日酔い、糖尿病や骨粗しょう症や美顔!若返り!にもいいと聞いています。初めてみました。その姿がなんとも雰囲気があるのです。鱗状になっている葉の間から黄色い花のようなものが見えますが、あれは花?てっぺんの白いのが、花?不思議。葉の薄みどり色と花の控えめな黄色と乳白色の白色が、ぼんやりしていて優しいんです。全体の姿は巫女さんがもつ鈴のよう。見ていたらなんだか元気が出てきました。ウコンの花には癒しの力があるみたいです。珍しいからと、わざわざ私にとくださるなんて、感謝です。夫が、ウコンの花をみて「ウコン、のんでみようかな。二日酔いにいいんだよな」ってつぶやいていました。そういえば、この前、久々に二日酔いしてたっけ。
うこん
ウコンの花。見れば見るほどふしぎな花。



posted by あさえ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック