2016年12月19日

第155話  書く仕事

 2016年も、もうすぐ終わり。いろんなことがありました。やはり一番大きかったのは、夫のお母さん、りんさんが亡くなったこと。優しい人でした。さみしい……。自分のことよりもまわりの人のことを考える人。ずいぶん我慢もしたと思います。私はまわりの人のことを考えていると自分は思っているけれど、それが余計なお世話だったり、誤解を生んでいたり。まったく、面倒な性格だなといやになります。けれども、そんな私だけど、受け入れてくれる家族や友だちに恵まれて、今年一年間、無事に過ごすことができました。感謝です。

 今年はやっと仕事に集中できる環境になりました。家を建てているときは仮住まいで落ち着かなかったし、引っ越してからもいろいろあって心も体も疲れました。でももう大丈夫。今年出した「十二支のおもちつき」は発売して3ヶ月弱で3刷になりました。「はしれ、ディーゼルきかんしゃデーデ」をもとに福島放送が開局特別記念番組を制作してくれて、これから全国各地で再放送されるそうです。「行事とあそびのえほん」も21刷になりました。来年は自分の絵本で一番好きな「ひなたぼっこいし」(福音館書店)が「こどものともライブラリー3月号」でハードカバーになります。そして今、ちょっと面白い絵本を創っているところです。来年の春ごろには披露できると思います。

 来年できるかわからないけど、こどもの音楽劇の原案を書きたいと思って、すでに書き始めています。書くことは楽しいけれど、苦しくて、難しいこと。でも好きなこと。ぼちぼち、やっていきます。
DSC02312.JPG
柴犬まる、まったり。

 さっき、まると夜の散歩にいってきました。公園でふとふりかえったら、楓の木に車のヘッドライトが当たって、黄色と赤の美しい色彩が一瞬浮かび上がりました。普通にみると茶色くて枯れた感じにみえるのですが、本当はこんな美しい色を隠していたのですね。夜の散歩の嬉しいプレゼントでした。

 来年が、いい年になりますように。そして 15歳の柴犬まるが、元気に1年過ごせますように!


 

posted by あさえ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック