2017年10月28日

第171話   遠吠えと薬


 もうあっというまに10月も終わり。あと2ヶ月で「あけましておめでとう」になってしまいます。はやいなあ。10月8日に、福島のおじさんが営んでいるお蕎麦屋さんに家族みんなで出かけました。双子の息子家族、それぞれ4名と私と夫と柴まる。それからお嫁さんのご両親。昼と夜に予約のお客さまが入っているなか、心よく私たちを受け入れてくれた叔父に感謝です。まだ紅葉には早かったけれど、空気が澄んで気持ちがよかったです。

 先日、悲しいことがありました。うちの柴犬まるの異母兄弟で、まるより2ヶ月弟の力丸くんが、天国へ行ってしまいました。16歳。ともに20歳までがんばろうねといっていたのに。でもうちも覚悟しておかないとと思います。最近、まるの遠吠えがすごいんです。上を向いて、うぉーーーーっと吠えます。何回も何回も。夜の散歩から戻って遠吠え。夜中の1時ごろから1時間ほど遠吠え。近所迷惑になるし、寝られないし、どうしようと思っていたら、日本犬の老犬によくある症状だと犬友達に言われました。

 寝られないなら、安定剤をまるに飲ませるといいと言われました。でもまるは意思表示ができませんから、薬を飲ますのはどうなんだろうと迷いました。とりあえず、かかりつけのお医者さんのところにいってみたら、「交感神経を活発にするために、昼間、1時間ほど散歩してください。ベンチに座っているだけでもいいです。それでもうまくいかない場合は、パパ(まるのパパ。つまり夫)をトレーニングします。」と言われました。散歩は朝、夕方、夜。それぞれ15分ぐらいしています。まるが、帰りたがるのでそんなに長くはしていません。薬を処方してくれるのかと思ったら、逆に指導されてしまいました。

 さっそく1時間散歩をしたら、不思議なことに夜中に遠吠えはしませんでした。遠吠え→認知症→薬。と簡単に考えがちだけど、まるの散歩を長くして刺激を与えてあげることが大切だったのですね。なんだか、人間にも言えるような気がします。すぐに薬に頼らず、生活自体を見直してみることも大切だなと。日光をあびて散歩することは、まるにも私たちにも必要なことかもしれません。いいことを教えてもらいました。
IMG_1013.JPG
遠吠え中、まるちゃん。

posted by あさえ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。