2018年01月09日

第176話 戌年のはじまり、はじまり

 新しい一年がはじまりました。もう11日は鏡開きです。昨年末からずっと絵本のストーリーを考えています。そんなにのんびりしていられないスケジュールなので、少々あせってます。今だに着地しない…。
2本のうち1本はなんとなくまとまってきたのですが、できるかな。

 気分転換に、東京芸術大学美術館の宮𢌞正明展と国立近代美術館の熊谷守一展にいってきました。宮𢌞氏をわたしは知らないでいったのですが、風や温度が絵から伝わってくる感じがしました。入り口付近に「檜」の香り、奥に「太陽神」の香りが噴霧されていて匂いも心地よかったです。熊谷氏はわたしの大好きな画家です。初期のころの暗い混沌とした画風が、今のようなシンプルな画風に変化していく過程がよくわかって興味深かったです。猫を描いた絵葉書を3枚、買いました。宮𢌞氏のパンフレットに書かれていた言葉がすてきなので引用します。

 行と行の間には
 音にならない
 意味がある
 目には見えない
 音がある

 うちの柴犬まるは今年の5月で17歳になります。散歩をしている姿は17歳とは思えない軽やかさで、毛並みもよく、通りすがりの方によく褒めていただきます。年齢をいうと、みなさん、驚いて、「立派ですねえ」と言ってくださいます。あとどのくらい一緒にいられるのかなと、考えただけで涙がでてきますから、本当にいなくなってしまったらどうなってしまうのだろう。まるといられる一瞬一瞬を大切にしたいです。

DSC00060.JPG
今年の年賀状のまるです。

 今年がどんな一年になるかはわかりませんし、心配ごともいろいろあります。なるべくおおらかな気持ちで日々過ごせたらいいなと思いますが、わたしは年齢のわりには未熟なので、小さなことでアップダウンしそう。どうなることやら。とりあえず、今年のわたしの目標は、大好きなスターダストレビューのコンサートに行くこと!
posted by あさえ at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。