2018年01月31日

第180話  寒中さんぽ その参

 あっくんとの寒中散歩の二日後の日曜日。午前中に7歳のもうちゃんと10歳のかあくんが、うちに遊びに来ました。今、「スクイーズ」という、感触が気持ちよくて形もかわいいおもちゃが人気です。もうちゃんがいろんなスクイーズをもってきて、それに値段をつけてスクイーズやさんをはじめました。お客さんは私。「スクイーズだから、クイズをやってあたったら安くしてくれる?」ときくと、「いいよ」。さっそくなぞなぞの絵本をだしてきてもうちゃんが、なぞなぞをだし、私が答えて300円を200円にしてもらったりして遊びました。
IMG_1264.JPG
「スクイーズやさんの看板」byもうちゃん

 午前中はそんな感じで平和な室内遊び。昼食で解散して(1階と2階ですけど)、午後は13時50分に集合。もうちゃんのリクエストで「迷子になるさんぽ」に出発しました。三人でじゃんけんをして順番を決めて、曲がり角ごとに自分の好きな方にいく散歩です。最初、ふたりはいきたい公園のほうへと方向を選んでいたので、私はあえてちがう方向を選びました。すると路地がありました。路地をまがると公園とはちがう方向になります。かあくんは、路地にそそられてそちらに曲がりました。迷子モードにはいってきました。よしよし。

 とちゅうにも公園があったので遊具などであそびました。たい焼きやの前にきたときは、ちょうど3時ごろだったので「食べようか」ということになり行列に並びました。私は小倉、かあくんはカスタード。もうちゃんはミスドが近くにあるからそこでドーナツを食べたいというので、みんなの希望通りのおやつを買って、近くの駅ビルの屋上庭園でたべました。屋上では寒いけど、薄着でこどもたちが駆け回っています。「これから電車のる?」と私がいうと「歩こう」「後ろ向きに歩こう」「ぴょんぴょんはねながら歩こう」などと好き勝手なことをいいはじめ、なぜか、「ぴょんぴょんおにごっこしよう」。かあくんともうちゃんは、屋上でぴょんぴょんはねながらおにごっこ。ちょっと面白い光景でした。

 帰り道、また曲がり角ごとに順番に方向を選びながら進んでいくと、文房具屋やらちっちゃい駄菓子屋を発見。駄菓子屋は暗くて店中が品物だらけ。私たちが入ると、中から50代ぐらいの女店主がささっとでてきて店の入り口の小さなスペースにすっと座りました。もうちゃんがおかしを取るごとに、「30円」「60円」とささやくように教えてくれます。家を出るときに、小銭をかき集めて1300円ほどお財布にいれてもってきましたが、すでにあまり残っていないので、もうちゃんは100円以内でお菓子を選びました。かあくんは文房具屋で消しゴムを買いました。

 それからいよいよ帰路に。あっちへこっちへと歩いていたら、ほんとに私の知らないところにきてしまいました。「ちょっと、ここ、知らないんだけど」といったら、「ぼく、わかる」。かあくんが、こっちという方向にいったら、行き止まり。あらあら。さまよってやっとわかる道にでました。これぞ、迷子になるさんぽの醍醐味。コンビニでトイレをかりたり、残っている雪を足でふみかためたり、議員さんの家の前の警備のおまわりさんに挨拶したり。変な掛け声かけながら歩いたり。まあ、愉快なこどもたち。おかげさまで、あっくんに続き、もうちゃんとかあくんのおかげですごーく気分転換できました。ありがとう。ちょっと、膝が痛いけど。
posted by あさえ at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。