2018年03月07日

第182話  すてきなスマホカバー

 きょうは寒かった。すごく。あしたはもっと寒いようです。雨も降るようです。せっかく、気の合うトリオで美術館に行く約束をしていたのに、雨と寒さのため延期することにしました。「私たちには、春のあたたかな日差しが似合うのよねー」ということで。10代のときならかまわずに出かけたと思うけれど、その6倍となった今、天気はけっこう重要なのです。まあ、急ぐ旅でもないので、明日は家にこもります。

 もうすぐ春分です。義母のりんさんが亡くなった日が近づいてきました。もう2年前なんですね。その日は、ちょうど打ち合わせに出ていて、夕方、夫が柴犬まるちゃんと駅まで迎えに来てくれました。帰る道すがら、夫にお兄さんから電話がきておかあさんが危ないということを知らされました。「たぶん、まにあわない…」。そうおもったとき、ふわっとジンチョウゲのかおりがしました。その瞬間、りんさんの死とジンチョウゲのかおりが私のなかで重なりました。数日前、同じ道を歩いていたらジンチョウゲの香りがしてきました。思わず足を止めて、りんさんのことを思いました。嗅覚の記憶ってけっこう強いんじゃないかなと思います。新しい教科書のにおいや、冬の暗い夜のにおい。どくだみの葉のにおい。夏のくさいきれ。それぞれに、ある思いがよみがえってくるから不思議です。

 先日、すてきなスマホカバーを買いました。柴犬がひっくりかえっていて、ふわふわもふもふ感いっぱい。うちのまるちゃんみたいです。絵本「ごちそうどろ、どこにいる?」(くもん出版)の絵を描いてくださった、日本画家でもあり絵本作家でもあるさとうめぐみさんの作品です。さとうさんは、「絵本作家のお店」をネット上で開いています。https://www.creema.jp/c/brote
ぜひ、みてみてください。

 絵を描けるのって、いいなあ。物を創り出せるって、いいなあ。私には、なにができるのだろう。とりあえず、ごろんして、まるちゃんをなでなでしよう。
DSC02433.jpg




 
posted by あさえ at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。