2018年04月17日

第185話  春のお誕生日会 その2

 前回のお誕生日会の続きです。イベント隊のもかちゃん、かあくんに続き、4歳のあっくんも、盛り上げ隊に興味を持ち始めたようです。あっくんは、パーティが始まる前にうちにきて、おみくじ箱を見て自分もなにかやりたくなったようです。「おかしやさんにいって、お菓子をかってみんなにわけるの」というので、一緒にいって、カプセル入りのチョコエッグ?を9個買いました。なかにオブジェがはいっていて、チョコを割るまでなにが出てくるかわからないというお菓子。あっくんは、それをみんなにひとつずつ配りました。それはそれは、うれしそうに。盛り上げ隊デビューです。10人いるのに9個しかなかったので、私が遠慮してあっくんが配ってくれた1個を他の人に渡しました。すると、あっくんはそれをみて、私にさっともう一つくれたのです。なんて優しいんだろう。それにしても、もらえなかったのはだれだろう。

 食事のあとは、ケーキとプレゼント贈呈式。3歳のこうちゃんは、電車が好きなのでプラレール。さっそく線路をつなげて遊んでいましたが、その線路を横断して邪魔をするのが柴犬まる。まるはなぜか子どもたちがくると、一番小さな子のそばに寄り添うのが好きなようで、こうちゃんのまわりをぐるぐるまわっていました。こうちゃんは、少しご機嫌斜めでしたけど。

 もかちゃんが私にくれたすごくよく削れる鉛筆削りで、うちにある鉛筆を全部削りました。そしてあっくんのママとパパからもらったのは柴犬の絵が描かれたお皿。まるちゃん、そっくり!すてきな大判ハンカチはもかちゃんのママとパパから。どれも、嬉しいプレゼントです。ありがとう。
IMG_1499.JPG
もかちゃんからもらった鉛筆削りは2枚刃。もかちゃんとかあくんとうちにあった鉛筆全部削りました。

IMG_1497.JPG
うちのまるちゃんそっくりのお皿の柴ちゃん。

 4月は双子の息子たちの誕生日でもあります。39年前に突然の破水であわてて病院にいき、帝王切開で生まれてきました。状態が悪かったのですぐに日赤に移されました。救急車のなかでへその緒を首に巻きつけて生まれてきたRは呼吸をしなくなり、もう一人のKは「今夜が山です」と医師から言われました。そんな重大なことになっていることは、しばらく両親も夫も弟もだれも私になにも言いませんでした。それがかえって不安でしたが、脳に障害が残るかもしれないといわれたRもすくすく育ちました。ミルクをあげるごとに⚪︎cc増えた、減ったと一喜一憂させてくれたKは、生後1ヶ月で腸が回転しているということで開腹手術を受けましたが、成功して元気に育ちました。今は、ふたりともお父さん。家族と仲良く、健康に気をつけて良い人生を歩んでいってほしいです。
IMG_1504.JPG
双子の息子がうまれてすぐに足首につけていた輪。名前がまだないので1、Uとかいてあります。
posted by あさえ at 08:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。