2019年01月14日

第203話 あっというまに一年が……


2019年にはいり、2週間が経とうとしています。すっかり日常がもどりました。岩波少年文庫を昨年から読んでいるのですが、年末は玉岡かおるさんの小説を読んだために一時中断。今また再開しました。「星の王子さま」を読み直しています。本って、いいなあ。映画も「ボヘミアン・ラプソディ」がとてもよかった。せつなかったけれど。

 我が家のお正月は毎年、母の実家の料亭で使っていた塗りのお椀や、お屠蘇セットを出して家族で祝います。一年に一度しか使いません。お重は母が20年前に買い換えたものなのでそんなに古いものではありませんが、お椀やお屠蘇セットは、70年ぐらい前のものです。ハレの日の食器、わたしがいなくなったら、次はだれが引き継いでくれるのかしら。
IMG_2188.JPG

 そして毎年恒例の恵方詣りに柴犬まるもつれて行ってきました。今年の恵方は東北東なので、神田明神に行きました。車にケージを乗せて中にまるをいれて出発したのですが、走行中、あの臭いが…。そう、「ウン」です。途中で止まることができなくて、神田明神に着くまで人も犬もガマン。着いたらすぐにまるをおろし、肉球に練りこまれている「ウン」を夫が土の上を歩かせてとり、わたしはケージのなかを掃除しました。もう、やれやれです。なんとか始末して、参拝しました。「こうウン」な一年になりますようにとお願いしました。
高齢のご夫婦が、まるちゃんに「がんばってるわね」と声をかけてくれました。
IMG_2198.JPG
 よくあることだと思うのですが、わたしは服を前後逆に着てしまうことがあります。ときどき、前後逆プラス裏表逆に着ていることもあります。今朝のことです。チュニックを着たときになんか着心地がおかしいとおもって、前後逆だと気付きました。すぐに服をまわして着なおして、そのまま過ごしていたのですが、お昼ごろになんかやっぱり着心地がおかしいと思い確認したら、またまた前後逆に着ていたのです。なんでこうなる!?着なおしたはずなのに。夫に不思議なこともあるものだと話したら、「服をまわしたとき、半回転じゃなくて、一回転まわしちゃったんじゃないの」って言われました。どきっ。そうにちがいない。謎が解けてすっきりしたけど、しみじみ自分が情けない……。気分をあげるために、小豆からことこと煮てお汁粉をつくって食べました。甘味とお茶に、ほっ。当分、楽しめそう。
 
 今年は元号が変わり、5月は10連休。いろいろ変化のある一年なので、あっというまに、また「いいお年を」になりそう……な、気がする。昨年の暮れに2019年の12月号のお話の依頼をいただいたし、すでに6月号と8月号のお話も年末に出したし。服を前後逆に着てもいいから、焦って転ばないようにしないといけませんね。のんびり、ゆっくりいきます。
posted by あさえ at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。