2019年02月08日

第206話 大根と食パン 

 三浦大根をいただきました。息子が一緒に仕事をしている方が、うちが3世帯ということをご存知で、各世帯に1本ずつくださいました。大きくてずっしりとしていて、大根の王様の風格です。ただ、葉が短くカットされていたのが残念。近頃はスーパーや八百屋で売っている大根はほとんど葉が切られています。こまかく切って、ごま油で炒めて味つけは醤油とみりん。ごまをふってごはんにのせて食べると最高なんだけどな。ま、ぜいたくはいってはいけませんね。いただいた大根を切ってみたら、断面がすごくみずみずしい。これは大根おろしが美味しいに違いないと思い、厚揚げを買ってきました。厚揚げを焼いて、大根おろしと醤油で食べます。シンプルだけど、おいしい。大根のまんなかあたりは、鶏肉と煮ました。とーっても、おいしい。2日に渡って食べましたが、翌日のほうが味がしみて、さらにおいしい。先端が残っているので、明日、大根サラダにしようと思います。丸ごと一本、おいしくいただきます。
IMG_2250.JPG
ぐつぐつ。おいしい茶色。
 仕事が詰まっていて時間がないとき、なぜか片付けをしたり、パンを焼いたりしてしまうのは私だけでしょうか。きょうも、パンを焼きました。山型食パンを2斤。焼きたてはほんとにおいしくて、あつあつを一切れ、食べました。なにもつけなくても、おいしい。1斤を冷凍して、あと1斤は明日と明後日で食べようと思います。久しぶりに使ったパン型は、かなり使い古してあって、息子たちが小学生のころから使っています。よくパンを焼いたものです。今は生地をこねてくれる機械があるのでとても便利です。バターロールは成形に時間がかかりますが、食パンは簡単なので、またちょくちょく作ろうと思います。大根を煮たり、パンを焼いたり。いい時間を過ごせているなと思いつつ、やることやらなくちゃ。
IMG_2253.JPG
香ばしいにおい。おいしい茶色。後方にはかわいい茶色。
 でも、ミヒャエル・エンデの「モモ」。この物語はすばらしい。改めて読んでみると、響く、響く。なんていってちゃいけない。やることやらなくちゃ。でも、映画みたい。「7つの会議」とインド映画・・なんていうタイトルだったかしら。みずしらずのおじさんが、迷子の女の子を送って行く話。インドでたいそうヒットしているみたい。いえいえ、やることやらなくちゃ。

posted by あさえ at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。