2019年03月12日

第209話 なくなっちゃうんだって

 駅にいく途中の沈丁花が満開。すごーく、いいにおいがします。思わず、深呼吸をしてしまいます。春は花粉症がつらいのですが、それでもウキウキしてきます。でもふたつ、残念なことがあります。ひとつは、森永製菓の「チョコフレーク」が今年の夏ごろに製造中止になるということです。大好きなお菓子のひとつで、以前はよく食べていたのですが、いつごろからか食べなくなりました。それなのに製造中止のニュースをみたとたん、すごく食べたくなって、スーパーやお菓子屋さんで探しました。でもどこにもない。あきらめかけていたところ、あった!浜田山の西友にありました!すぐに4袋購入。少しずつ大事に食べているのですが、あと残は1袋。また買いにいかなくちゃ。
IMG_2325.JPG

 そしてもうひとつ。わたしがこどものころから町にある和菓子屋さんが、3月の初めに急に店頭に貼り紙をしました。「3月15日をもちまして閉店」。孫たちも、みんな、びっくり!この和菓子やさんには孫たちの初誕生祝いの「一升餅」を頼みました。お正月のお餅も毎年頼んでいます。来年用のお餅はどこに頼めばいいのかしら。わたしが小学生のときは、小学校の運動会や卒業式などの大切なイベントのときにはこのお店の「紅白まんじゅう」が全校生徒に配られました。そしてなにより、お客様がくるときにはここで季節の生菓子を買ってきてお出ししました。親しい人には、甘辛だんごを選びました。すごくおいしいのです。ほんとに寂しい。
 商店街も昔からのお店は激減してフランチャイズのお店がほとんどになりました。個性がどんどんなくなっていくように感じます。この和菓子屋さんは、店構えも日本的で、朝は店の前に打ち水をしてあったし、七夕のときは大きな笹飾りと自由に書けて吊るせる短冊が用意してあったし、お月見のときは月見だんごを買った人にススキのプレゼントもあったし……。なんで閉めてしまうのでしょう。残念です。

 自分の好きな物がずっとあると思っていたら、大間違いなんですね。世の中は動いているのだから。それぞれ、事情っていうものがあるんだから。わかっているけれど。あー、なくなっちゃうのか。和菓子屋さんでは、明日から全品50%。すごく混むんだろうな。きょう、甘辛だんごを予約したいといったら、それはできませんと言われたので、ふたつ、生菓子を買いました。
 菓銘は「春の野」と「桜吹雪」。本格的な春が来る前に、お店は閉店。長い間、ありがとうございました。
IMG_2347.JPG
桜吹雪 しろあんです。
IMG_2346.JPG
 春の野 こしあんです。

posted by あさえ at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。