2020年01月06日

第220話 2020年正月三が日


 新しい年が明けて明日で一週間。明日は七草。お正月は何かと間食をすることが多くて空腹感がない状態が続いているので、明日の七草粥はグッドタイミングです。今年の恵方は西南西。1日に恵方参りに行きました。自宅から西南西の方向にある神社を選んでお参りします。今年行った神社はわりと大きな神社で、午前中に行った時はものすごい行列でした。そこで、諦めて(ここで根性を出さないといけないんですけど)夜にまた行きました。10人ぐらいの方が並んでいただけなので、私と夫も最後尾に並びました。もう閉める寸前だったようで、神主さんたちがお賽銭の回収作業を始めていました。お賽銭箱の下が引き出しのようになっていて、それを引っ張りだして袋に入れていました。初めてみる光景で、面白いなあと思いました。お賽銭を回収している袋にお金を入れたほうが親切かしらと思いましたが、やはり順番は守ったほうがいいと思い、お賽銭箱に入れました。手を合わせている間、ずっと小銭のジャラジャラいう音がBGMのように聞こえているので、なんとなく祈りに気持ちが入らなくて困りました。とにもかくにも、健康第一に穏やかな一年になりますように。

IMG_3072.JPG
上弦の月、見えるかな。

 毎年2日は夫の親戚が皆集まる日なので、義兄の家に家族全員(11名)で行きました。義母のりんさんが99歳で亡くなるまで、毎年開いていました。義兄は臼と杵まで用意してくれて、若者たちがひいひい言いながら餅つきをしました。3年前にりんさんが亡くなってからは「りんの会」と名前を変えて継続しています。総勢31名。こどもが12名。子どもたちは一列に並んで各家族の家長を順番に回ります。「あけましておめでとうございます」と挨拶をして、お年玉をもらいます。そして記念撮影をした後は、皆自由に食べたり飲んだり。こどもたちは家中を走り回って遊ぶこと、遊ぶこと。独学で習得中のジャグリングを披露する中学生がいたり、わた飴機でわたあめ屋さんを開店する小学生たちがいたり。まあ、いろいろです。りんさんも目を細めてどこかで見ていてくれることでしょう。

 3日は我が家の11名のお祝い。息子の友達も来て、12名でのランチ。2日の夜にお煮しめをして、屠蘇散をお酒につけ、3日の朝にお重におせちを詰めました。いつもは31日にするのですが、例年3日が我が家のお正月なので、今年はずらしてみました。そうしたら、案外いい感じ。臨機応変はラクです。

 今年は2月29日があります。2月29日に義父が亡くなったので、今年で11回目の命日となります。私が結婚する前に亡くなったのでお会いしたことはないのですが、29日にはお墓まいりに行こうと思います。
 今年もひなたぼっこばなし、時々、思い出したように書きますのでよろしくお願いいたします。
posted by あさえ at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。