2020年04月08日

第225話  モッコウバラ

 新型コロナウィルスの感染を予防するために、昨日安倍首相が非常事態宣言をしました。今日の午後、駅のスーパーに買い物に行きました。ガラガラでした。みんな、もう買い物を済ませたようですね。私は出遅れているみたい。乾物(ひじき、切り干し大根、高野豆腐)、里芋、ジャガイモ(小芋で揚げて甘辛く味付けするととても美味しい)、春キャベツ、ごぼう(人参がやけにあるのできんぴらごぼう作ろうかと)、麦茶などを買いました。そしてピクルス用のカリフラワーを買い忘れたことに気がついて、八百屋さんに行ってみました。そうしたら、レジでお客さんたちが、ちゃんと前の人と距離をとって並んでいました。人と人の間にジャイアントパンダ一頭分開けると言われていますが、特にお店に貼り紙があるわけではないのに、つまり、言われなくても自主的にそのように並んでいたわけ。えらいなあ。私の前の人は、マスクと帽子と水中眼鏡みたいなメガネをして、お金のやり取りではなくカードで支払ってました。ウィルスを一粒もつけないぞ、という感じ。ウィルスは「手を洗う。手で顔を触らない。石鹸でも落ちる」そうですし、そんなに怖がらなくても大丈夫とお医者さんから聞きました。それにしても、スーパーに小麦粉が一つもなかったのはなぜ?

 渋谷は夜、閑散としていて走り回っているのはネズミの大群だけだとニュースで報じていました。普段は見えないところにいるネズミですが、人間たちが生活しているすぐそばで生きているのですね。なんとも・・。
   
  IMG_3258.JPG
   
 いい季節。気温差はあるけれど、日向を歩くとポカポカしていて、風はちょっと冷たくて。桜は終わりましたが、なぜか今年は気持ちがウキウキしませんでした。桜はいつもと同じように咲いているのに。うちの小さな花壇も賑やかです。昨秋、孫たちと植えたチューリップの球根がすくすく育ち、花を咲かせています。種類を変えたので、花びらの形も色も違って面白いです。そしてモッコウバラが可愛らしく咲いています。白ヤマブキも。植物は季節のものさしを目安にいつもと同じに咲いて、散っていく。大きな自然の流れの中で生きています。人間もそうだったはずなのに。
 ちなみにモッコウバラの花言葉は「幼いころのしあわせな時間」だそうです。孫たちが、そして全てのこどもたちが、たくさんの幸せな時間を過ごせますように。心から願っています。

IMG_3260.JPG



posted by あさえ at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。