2020年05月02日

第227話 泳げ、こいのぼり一家

 天気の良いゴールデンウィークの真っ最中。あんなに咲き誇っていたモッコウバラは花びらをちらし、鮮やかな黄色も少し茶色が入ってきました。花は咲く時季を知っている。散る時季も知っている。大きな自然の流れの中で自分の在り方を知っている。いいなあと思います。私も自然の一部なはずなのですが。ナチュラルに生きるって、どういうことなんだろう。
IMG_3348.JPG
 モッコウバラの花ビラが蜘蛛の巣のお飾りになりました。風の仕業。

 母は生前「延命はやめてね」と尊厳死協会の登録カードを私に見せてくれました。「主治医の先生にも伝えてあるから」と。けれども、心臓の弁を動かすための薬を点滴でずっと入れ続けました。この点滴を抜くと明日には亡くなってしまう、と医師から言われました。その後も状態の変化によって点滴が増えました。そのうち意識障害が起こるようになり、会話もできなくなり。栄養も点滴。私は「これは延命」なんじゃないか、母は望んでいないのではないか、と思いました。でも点滴を抜いてくださいとは、言えませんでした。母は今、どんな風に思っているのでしょう。そして私は息子たちに、どうお願いしておいたら良いのでしょう。母の日を前に、考えてしまいました。

 愛犬まるちゃんは5月4日に19歳となります。4月24日の夜、血尿を出し、25日に病院に連れて行ったら、「臓器のほとんどに腫瘍ができています」と言われました。エコーとレントゲン写真にたくさんの腫瘍が映っていました。脾臓は肥大していました。膀胱にできている腫瘍が大きくなって膀胱の壁を削り、その血がおしっこに混じって出ているとのことでした。痛いだろうに・・。点滴と注射と飲み薬で、1週間通い、血は止まりました。でも腫瘍はそのまま。今、家で抗生剤を飲んでいます。検査に5万。注射と点滴で1万。それを1週間。ヒェー。でも痛みはかわいそうなので、できる限りのことはしてあげたいと思います。「延命」はせず「緩和」をしてくださいと先生にもお話ししました。まるちゃんは今まで病気は一度もなく、19年間一緒にいてくれました。お別れの日まで、いつもと同じように一緒に過ごします。母が亡くなってもうすぐ2ヶ月。「延命」と「緩和」。まるからも問われているなと感じます。

 こいのぼりを泳がせました。こどもを真ん中。うちらしい順番です。みんな元気でいようね!
 
IMG_3379.JPG


posted by あさえ at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。