2020年05月17日

第226話 ステイホームの合間に

 14日に非常事態宣言が解除された県もありますが、東京都はまだ先のようです。孫たちも保育園から新小学生、小学四年生、新中学生と4名、ステイホームです。高齢者の私たち夫婦のことを考えてくれて、こどもたちの訪問も控えてくれています。2階にいる孫たちも静かです。ゲームをしたり、工作をしたりしているのかな?と思ったりしていると喧嘩する声が聞こえてきたりします。ストレスを発散しなくてはね。それにしても、ちゃんとステイホームを守っているのですから、たいしたものです。

 先日たまたま孫たちが我が家に全員集合する機会がありました。従兄弟同士というのは不思議な関係で、友達とも兄弟とも違うけれど、信頼しきっている感じがします。年齢差はありますが、いつもパッときて、パッと遊びが始まるところは素晴らしいなと思います。この日もよく遊んでいました。私と夫が毎日飲んでいるR1の容器を洗って置いておいたら、それに着色剤を入れて色水を作り、ボーリングのピンにして遊んでいました。翌日、窓辺に並べてみたらとてもきれいでした。また遊ぶかもしれないのでこのままにしておきましょう。
IMG_3429.JPG

 そしてちょうどしば犬まるちゃんのお誕生日が近かったので、あっくんが粘土でケーキを作ってくれました。いろんな色の粘土を小さくして平らにしてくっつけたパッチワークケーキ。真ん中にロウソクを立てて、電気を消してハッピバースデーの歌をみんなで歌いました。子ども4名、大人4名。なかなかの合唱でした。まるもうれしかったね。優しい時間でした。
IMG_3425.JPG

 ステイホームの間、段ボウル工作が人気のようです。小学四年のもうちゃんも、段ボウルでお菓子の自動販売機を作りました。呼ばれて部屋に入ったら、段ボウルが一つ。正面に、カード入れ口、4つの商品ボタン、お釣り口があります。カードは私と夫専用のができていて、1回やるとスタンプを押してくれます。なかなか精巧にできていてびっくりしました。ずっと段ボウルの中に入っているもうちゃんは、汗だくだくでしたけど。その同じ自動販売機でクレープ屋さんもオープン。招待されてカードでクレープを注文しました。クレープを作るのはお母さん。ホール係はバイトの中一のお兄ちゃん。美味しかった!
ステイホームの合間に、まるで梅雨の晴れ間のような楽しいひと時をもらいまいた。ありがとう。
posted by あさえ at 12:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。