2021年03月06日

第241話 わたしの3月

 3月に入って、もうあっという間に1週間が経ちました。早いです。来週の11日は東日本大震災から10年目になります。まだ家族が行方不明だったり、故郷に戻れない人たちも多くいらっしゃいます。今のコロナ禍でもそうですが、思いも寄らない出来事が起きた時、自分はどういう気持ちになるのか、他の人への思いやりを持つことができるのだろうか。心が狭くなって些細なことでイライラしたりしてしまっているのではないか・・。自問する日々です。
 東日本大震災から2年後に私は「はしれ ディーゼルきかんしゃ」(絵:鈴木まもる 童心社)というノンフィクション絵本を書きました。取材しながら緊急燃料輸送を実現させた多くの人たちの縁の下の力に改めて気付かされました。そして今、医療関係者の皆さまに心から感謝したいと思います。
61FCTdPZCvL._SY356_BO1,204,203,200_.jpg

 3月3日は母の一周忌でした。親戚や友人たちからお花やメールがきて母を静かに偲びました。母が入院していた時にずっと羽織っていたピーチ色のカーディガンがあります。3日は朝から母のそのカーディガンを着て過ごしました。カシミアの暖かさ。母はこの暖かさを感じながら病院のベッドにいたのだなと思い、悲しくなりました。その夜、母が小さい頃に作ってくれたひな寿司を夫と私の分、作りました。母が初めてひな寿司をつくってくれた時、あまりの可愛さにどこから食べていいのかと困っている私の様子を見て、母が笑っていたのを覚えています。思い出すとあたたかな気持ちになります。大切にしたい幸せな記憶です。
 ジンチョウゲの香りが、漂ってきます。いつもと同じ春がきました。
IMG_4029.JPG

posted by あさえ at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。