2020年07月02日

第230話 夏越の祓え

 蒸し暑い日が続いています。新型コロナウィルス感染拡大防止のために長い自粛生活を経て、社会が動き始めました。けれども感染者数は増え続け、小学校の先生からも感染者が出てしまいました(7/2現在)。まだ油断はできないと感じます。下校する小学生を見ると、暑いのにマスクをして重そうなランドセルを背負っています。布マスクもぐっしょり濡れた感じ。頬もほんのり赤い。思わず、「マスクをはずした方がいいよ」と声をかけそうになりましたが、学校や家庭でどんな指導をしているのかわからないので言いませんでした。でも、言いたーい!
 
 先日家に帰る途中、とても暑かったので通行人がいないことを確かめた上で苦しくて耐えきれずマスクを外しトートバッグにポンと入れました。そのまま少し歩いたら自分の足元にマスクが落ちているではありませんか。「あれ、私の?」と思い、バッグの中をちらっと見たらマスクがない。落ちたんだと思い、拾ったら、「ん?なんかマスクが落ちてる位置がヘン」と気づき、もう一度バッグの中を見たら・・ありました・・。今、私が拾って持っているマスクは、どなたさんの?道に再び捨てるわけにはいかないので、早足で家に帰り外のゴミ箱に入れて手をよく洗いました。誰かがどこかで見ていたら、挙動不審な人物に見えたことと思います。やれやれ。
IMG_3526.JPG

 6月30日は夏越しの祓えでした。愛犬まるちゃんといつも浅草神社か波除神社(築地)に行くのですが、今年はまるちゃんの状態が良くないので近くの八幡神社で茅の輪くぐりをしました。9時ごろに行ったら、白装束の神主さんたちが並んで茅の輪くぐりをされていました。その後に続いて夫がまるちゃんを抱いて、くぐりました。雨の予報が出ていて神社全体がしっとりしていて静かでした。 
IMG_3528.JPG

posted by あさえ at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

第229話 コロナをやっつけろゲーム

25日に東京も非常事態宣言が解除されました。やれやれ。けれども油断大敵。コロナウィルスはまだいます。そんな中、また孫たちがやってきて始まったのが「コロナをやっつけろゲーム」+「お化け屋敷」。前回も紹介しましたが、着色した水を入れたR1の空き容器を(とっておいてよかった)、紙でくるりと巻いてモールとセロテープでとめます。そしてネットから印刷したコロナウィルスの画像を一つ一つに貼ります。結構気持ち悪い。
IMG_3437.JPG

会場は2階。雨戸を閉めて暗くしてお化け屋敷になっています。会場に行く前に、チケットを受け取り、手を消毒します。一応、お客さんと直接やり取りをしないように透明の衝立も設置してあります。
IMG_3438.JPG

ルールはコロナウィルスの画像を貼ったR1をボーリングのピンにして倒す。暗いので懐中電灯を持って上がります。小一君は、いつも「カイチュウベントウ」といいます。かわいいなあ。レーンは赤いペンで塗りたくったプチプチ。「血の海だよ」と小一君が言いました。そこに、コロナウィルスの画像とマスクをしたくまモンの画像を切って飛び石のように置きます。コロナのピンを3本倒したら、血の海を渡ることができる。でもそのとき、コロナウィルスとくまモンの飛び石を渡らないと血の海にのまれてしまうのだそうです。小さい飛び石なのでバレリーナのように渡らないといけません。右膝が痛い私には苦行。そこを通りぬけると右側に置いてある箱の中に入っているお札をもらうことができます。そのお札にはコロナから守ってくれる力を持つと言われるアマビエの画像が貼り付けてあります。
IMG_3435.JPG

なかなか凝ってます。コロナをやっつけろゲームが、なぜおばけ屋敷と合体したのかが謎。こどもの発想は面白い。かないません。


posted by あさえ at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

第228話 ステイホームの合間に

 14日に非常事態宣言が解除された県もありますが、東京都はまだ先のようです。孫たちも保育園から新小学生、小学四年生、新中学生と4名、ステイホームです。高齢者の私たち夫婦のことを考えてくれて、こどもたちの訪問も控えてくれています。2階にいる孫たちも静かです。ゲームをしたり、工作をしたりしているのかな?と思ったりしていると喧嘩する声が聞こえてきたりします。ストレスを発散しなくてはね。それにしても、ちゃんとステイホームを守っているのですから、たいしたものです。

 先日たまたま孫たちが我が家に全員集合する機会がありました。従兄弟同士というのは不思議な関係で、友達とも兄弟とも違うけれど、信頼しきっている感じがします。年齢差はありますが、いつもパッときて、パッと遊びが始まるところは素晴らしいなと思います。この日もよく遊んでいました。私と夫が毎日飲んでいるR1の容器を洗って置いておいたら、それに着色剤を入れて色水を作り、ボーリングのピンにして遊んでいました。翌日、窓辺に並べてみたらとてもきれいでした。また遊ぶかもしれないのでこのままにしておきましょう。
IMG_3429.JPG

 そしてちょうどしば犬まるちゃんのお誕生日が近かったので、あっくんが粘土でケーキを作ってくれました。いろんな色の粘土を小さくして平らにしてくっつけたパッチワークケーキ。真ん中にロウソクを立てて、電気を消してハッピバースデーの歌をみんなで歌いました。子ども4名、大人4名。なかなかの合唱でした。まるもうれしかったね。優しい時間でした。
IMG_3425.JPG

 ステイホームの間、段ボウル工作が人気のようです。小学四年のもうちゃんも、段ボウルでお菓子の自動販売機を作りました。呼ばれて部屋に入ったら、段ボウルが一つ。正面に、カード入れ口、4つの商品ボタン、お釣り口があります。カードは私と夫専用のができていて、1回やるとスタンプを押してくれます。なかなか精巧にできていてびっくりしました。ずっと段ボウルの中に入っているもうちゃんは、汗だくだくでしたけど。その同じ自動販売機でクレープ屋さんもオープン。招待されてカードでクレープを注文しました。クレープを作るのはお母さん。ホール係はバイトの中一のお兄ちゃん。美味しかった!
ステイホームの合間に、まるで梅雨の晴れ間のような楽しいひと時をもらいまいた。ありがとう。
posted by あさえ at 12:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする