2020年05月28日

第229話 コロナをやっつけろゲーム

25日に東京も非常事態宣言が解除されました。やれやれ。けれども油断大敵。コロナウィルスはまだいます。そんな中、また孫たちがやってきて始まったのが「コロナをやっつけろゲーム」+「お化け屋敷」。前回も紹介しましたが、着色した水を入れたR1の空き容器を(とっておいてよかった)、紙でくるりと巻いてモールとセロテープでとめます。そしてネットから印刷したコロナウィルスの画像を一つ一つに貼ります。結構気持ち悪い。
IMG_3437.JPG

会場は2階。雨戸を閉めて暗くしてお化け屋敷になっています。会場に行く前に、チケットを受け取り、手を消毒します。一応、お客さんと直接やり取りをしないように透明の衝立も設置してあります。
IMG_3438.JPG

ルールはコロナウィルスの画像を貼ったR1をボーリングのピンにして倒す。暗いので懐中電灯を持って上がります。小一君は、いつも「カイチュウベントウ」といいます。かわいいなあ。レーンは赤いペンで塗りたくったプチプチ。「血の海だよ」と小一君が言いました。そこに、コロナウィルスの画像とマスクをしたくまモンの画像を切って飛び石のように置きます。コロナのピンを3本倒したら、血の海を渡ることができる。でもそのとき、コロナウィルスとくまモンの飛び石を渡らないと血の海にのまれてしまうのだそうです。小さい飛び石なのでバレリーナのように渡らないといけません。右膝が痛い私には苦行。そこを通りぬけると右側に置いてある箱の中に入っているお札をもらうことができます。そのお札にはコロナから守ってくれる力を持つと言われるアマビエの画像が貼り付けてあります。
IMG_3435.JPG

なかなか凝ってます。コロナをやっつけろゲームが、なぜおばけ屋敷と合体したのかが謎。こどもの発想は面白い。かないません。


posted by あさえ at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする